あさが来た|近藤正臣の白岡正吉のモデルは?史実と絶対的に違う点

 

朝ドラ『あさが来た』では、ヒロインの今井あさ(波瑠)は、

加野屋の白岡新次郎(玉木宏)のもとにお嫁に行くことになります。

 

加野屋の当主は白岡正吉(近藤正臣)です。

正吉は大阪の豪商の当主ながらも人当たりもよく、考え方も柔軟です。

 

分家に養子に出したとはいえ次男の新次郎が三味線などの道楽に耽るのも、

正吉は何らかんらいって黙認します。

 

また あさの商才をいち早く見抜くのも正吉です

その後は事あるごとにあさの後ろ盾になったり、アドバイスをしたりします。

 

正吉はあさの最初にして最大の理解者だったのですね~もちろん新次郎もそうですけど…

 

ですが正吉は生粋の商売人。あさの商いに対する意欲や姿勢、そして度胸のよさなどを見抜いて、

あさを一人前の商人へと導きます。

 

実業家・白岡あさにとっては、正吉はなくてはならない存在ですし、

正吉がいなければその後のあさの活躍もなかったことでしょう。

 

ところで正吉のモデルとなったのは、加島屋の八代目当主の

広岡久右衛門正饒(まさあつ)です。

 

この広岡正饒の人となりやドラマと史実が絶対的に違う点などを

ご紹介していきます。

 

広岡久右衛門正饒はどんな人だった?

 

スポンサードリンク

 

八代目広岡正饒についてはあまり資料がありません。

 

特に大きなことは成し遂げてはいませんが、幕末から明治期への混乱の時期に

加島屋のかじ取りをおこなったことや

 

他の両替商がバタバタと没落していく中、経営は傾いたものの

加島屋を何とか存続させたことなどを考えれば、有能な人物だったと思われます。

 

特に幕末期には正饒は極秘で長州藩に資金を援助。

 

その一方で、幕府側の新選組などにも資金提供していることから、

正饒が新政府側と幕府側を両天秤にかけていたことがわかりますね

 

この時期徳川幕府にテコ入れしていた両替商や薩長などの新政府側を

むげにしていた両替商(ドラマの山王寺屋など)は、

明治維新により大きな痛手を被り多くが破産していきました。

 

このあたりも正饒の有能さを示すエピソードですよね♪

 

またあさのモデルとなった広岡浅子を加島屋の経営に加えたことなど

を考えると、正饒は伝統的な風習などに囚われずに、

物事を柔軟に判断したことが窺えますね

 

当時は完全に男社会。

商家の女性が商いに関して口を出すこともはばかられた時代です。

 

それにも関わらず、息子の嫁を積極的に商いに参加させたところを見ると、

正饒の人となりなどもイメージできますよね♪

 

ドラマ同様、リアルでも正饒はあさに商売のアドバイスなどを

していたことも推測されます。

 

ドラマと史実の絶対的な違いは?

 

スポンサードリンク

 

朝ドラ『あさが来た』の白岡正吉とそのモデルとなった広岡正饒には

細かいことを含めれば、かなりの相違点はあるでしょう。

 

そもそも『あさが来た』は史実を基にしたフィクションですので、

そのあたりはやむを得ないと思います。

 

しかし絶対的な違いとも言うべき、大きな相違点があります。

それは正吉と正饒の死亡時期です。

 

正饒は1967年(明治2年)に64歳で亡くなっています。

 

浅子が加島屋に嫁いできたのが、1965年ですから

正饒と浅子の絡みはわずか3年程度ということになります。

 

これに対して『あさが来た』では、白岡正吉は史実よりも

ずっと長生きすることになります。

 

あさが九州の炭鉱経営を軌道に乗せたり、あさが新次郎の子どもを産んだ時も

正吉は健在です。

 

リアルのあさ(広岡浅子)が炭鉱事業に着手するのは

1884年(明治17年)ですから、

正吉は少なくとも史実よりも15年は長生きしたことになりますね

 

『あさが来た』では正吉は長らく加野屋の当主として

嫁のあさに商いのアドバイスをしますが、

 

実際にはあさは嫁入りから3年余りで加島屋のかじ取りを

おこなうことになったのです。

 

とは言え、ドラマではこの正吉があさの後ろ盾となって、

あさの成長を見守る重要な存在になると思います。

 

このあたりは史実とは大きく異なりますが、長きに渡り加野屋の暖簾を守ってきた

正吉から多くのことを学ぶことになるあさにとっては、正吉は非常に大きな存在に

なるはずです。

 

このように正吉から学んだ多くのことは、後にあさが加野屋を切り盛りして、

さらには大きく発展させるために役立つものと思います。

 

地味ながら、あさの実業家としての成長に大きく寄与する正吉ですから、

注目ですね!

 

送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場
スポンサードリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ