あさが来た|あさのモデル広岡浅子の最期!遺言を残さなかった理由

 

朝ドラ『あさが来た』は、いよいよ物語の残りもわずかになってきました。

 

そこではドラマのクライマックスの新次郎の死を中心に描かれるようです。

 

やはりここまであさを支え続けてきた新次郎は、ドラマのもうひとりの主人公

と言っても差し支えない存在です。

 

そんな最愛の新次郎との別れが大きな見どころになるはず。

 

ドラマは白岡あさの一代記ですが、恐らくあさの死は描かれないようですね。

 

晩年の勉強会は簡単に描かれるようですが、それもあまり時間は割かれずに

触れられるようです。

 

ではあさのモデルとなっている広岡浅子の最期は、

どのようなものだったのでしょうか?

 

以前の記事で原案本の「土佐堀川」に描かれている浅子の最期に触れましたが、

今回はリアルの浅子の最期をご紹介します。

 

広岡浅子2

 

「あさのモデル広岡浅子の最期!遺言を残さなかった理由」

 

スポンサードリンク

 

白岡あさのモデルの広岡浅子は大正8年(1919年)の1月14日に、

71歳で亡くなっています。

 

その死因はかねてから患っていた腎臓炎が悪化したためです。

 

原案本の「土佐堀川」では大阪医大附属病院に緊急入院した浅子が、

家族や井上秀、市川房枝などに見守られて逝く様子が描かれていますが、

リアルの浅子が亡くなったのは東京・麻布にあった広岡家の別邸です。

 

また浅子は死の間際まで精力的に活動しており、前年の夏には恒例となっていた

勉強会に参加していますし、以前の雑誌の連載をまとめた自伝「一週一信」を

刊行しています。

 

この浅子の自伝を刊行するにあたり重要な役割を果たしたのが、

勉強会にも講師として参加していた小橋三四子でした。

 

また体調を崩して麻布の別邸で療養生活を送るようになっても、

その向学心は衰えず、死の二日前まで訪問客と社会情勢を論じていたそうです。

 

このように最後の最後まで精力的に活動した浅子でしたが、

死ぬにあたっての遺言は残しませんでした

 

スポンサードリンク

 

これについて浅子本人は「常日頃言っていることが、すべて私の遺言です」

と述べています。

 

浅子の波乱万丈の人生に鑑みても、常日頃から真剣勝負で生きてきたので、

このようなことを言ったのでしょう。

 

まさに彼女の生き様それ自体が、周囲の人にとっては遺言そのものと考えたから

でしょう。

 

「女傑」と呼ばれた大実業家の浅子だけに、新聞はこぞってその死を報じたと

言われています。

 

またその葬儀も大阪と東京でそれぞれおこなわれ、たくさんの人が参列したようです。

 

浅子の活動拠点だった大阪はもちろん、東京にも日本女子大学校の設立の際に懇意にしていた

人びとや実家の三井家の人びとなどもいましたので、葬儀も二度行われたようです。

 

その日本女子大学校でも、浅子とともに設立に尽力した成瀬仁蔵が3月に亡くなったことから、

浅子の追悼式は6月に入ってようやくおこなわれました。

 

そこでは成瀬の跡を継いで二代目の校長となった麻生正蔵(ドラマの絹田のモデル)

や当時は既に家政学部の教授となっていた井上秀(田村宜のモデル)らが、

浅子の思い出を語ったと言います。

 

また、同じく大学校の設立に協力した元総理大臣の大隈重信も弔辞を述べています。

 

それは「浅子夫人は男子も及ばないような偉大な力で物事にあたったので、

多少の誤解も受けましたが、その活動は目覚ましいもので広岡家のためのみならず、

社会的な活動の手本になるもの」(意訳)と述べています。

 

大隈重信に「多少の誤解を受けた」とフォローさせるところが浅子らしいですね~

 

また浅子は営利活動のみならず、晩年は社会貢献の活動をおこなっていますから、

「手本」というのも的を得ていますね。

 

「九転十起生」を座右の銘にして、ガッツと根性の塊のようだった浅子も、

最期はこのような形で逝ってしまいました。

 

ドラマでも何事にも奮闘する白岡あさの姿は、努力することや諦めないこと、

学び続けることの大切さを私たちに教えてくれましたね♪

 

本当に素晴らしい半年でした!

 

毎日19:00~24:59開催!楽天スーパーDEAL6時間限定アイテムが登場!

スポンサードリンク

 

2 Responses to “あさが来た|あさのモデル広岡浅子の最期!遺言を残さなかった理由”

  1. 加賀浩 より:

    広岡浅子の告別式は没後1週間の
    21日神田美土代町青年会館
    同夜東京駅発 
    23日大阪市土佐堀青年会館にて
    広岡恵三氏によって葬儀執行仕候也。
    青年会館とは同所に今もYMCAがあります。
     
    (加賀浩のページに記事の写真を載せました。)

    • rekidora より:

      加賀浩様

      コメントありがとうございました。
      浅子の葬儀の詳細は参考になりました!

      やはり縁の深かったYMCAの前身などでおこなったのですね。
      また死後1週間後に葬儀をおこなったということは、
      それなりに豪勢だったようにも思えますね~
      有益な情報感謝いたします♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ