まんぷくヌードルの中間保持の驚きの実話!こうして生まれた!

 

朝ドラ『まんぷく』では、萬平はまんぷくヌードルの開発にあたってをカップ内に宙吊りにする「中間保持」という発想に辿り着きます。

 

ところがこれを実現するにあたり、製造ラインの機械ではなかなかをカップに水平に落とし込むのが困難で、斜めになったりしてしまいます。

 

製造ラインに乗せることができなければまんぷくヌードルの量産はできないことから、これに頭を悩ませることになります。

 

そしてこのあたりを解決するにあたっては、安藤百福の実話のエピソードが描かれることになるのですが、このあたりをご紹介していきます。

 




 

まんぷくヌードルの中間保持の驚きの実話!こうして生まれた!

 

スポンサードリンク



 

まず安藤百福が発案したの中間保持という手法は非常に理にかなっていました。

 

をカップ内に宙づりにすることでお湯が下から浸透して、がむらなく戻ります。

 

また麺を下に入れた場合よりも蓋を開けた時に麺の上に乗った具がより上部に来るので、見た目のインパクトもよくなります。

 

さらに宙づりのが梁の役目をするため、輸送中の揺れなどで麺が崩れることもなくなります。

 

まさに中間保持という手法は一石三鳥ほどの画期的なやり方でした。

 

ところがドラマと同じように、工場の機械でカップに水平に麺を落とし込むことが非常に困難でした。

 

が斜めにカップに入ってしまうとの上に乗せた具がいずれ底へと落ちてしまい元も子もなくなってしまいます。

 

また不安定な入れ方ですとが梁の役目を果たさずに、輸送中の揺れなどで崩れてしまうことになります。

 

いかにをカップに水平に入れて宙づりにするかという難問に直面するのですが、このあたりには百福の驚きのエピソードがありました。

 

百福はある晩、横になって考えていると突然天井がグルっと回った感覚を覚えます。

 

それはまさに天と地がひっくり返ったような感じでした。

 

その時に彼は閃きを得ており、をカップに入れるのではなく、にカップをかぶせることを思いつきます。

 

まさに逆転の発想ですが、工場のラインで試してみると、難なくはカップに水平に宙づり状態で固定されることになりました。

 

このようなやり方で容易に麺の中間保持は実現することが可能となって、実用新案への登録もされています。

 

いきなり天井がグルっと回るなど、のような話ですがこのあたりは実話です。

 

ドラマの萬平もの中間保持に悩むことになりますが、ある日天井が回る夢を見ることになります。

 

これによってカップに麺を落とすのではなく、固定したにカップをかぶせるという発想に辿り着くことになります。

 

この発想で麺の中間保持が実現されて、まんぷくヌードルの量産も可能になりますが、このあたりは実話のエピソードをそのまま採用ということになりそうです。

 

またその頃には容器や具、スープなどの難題はクリアされており、この中間保持によっていよいよまんぷくヌードルの販売体制は整って世に出ることになります。

 

このあたりのエピソードは乞うご期待ですね♪

 

送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場

 

スポンサードリンク



 




 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ