あさが来た|ふゆの新次郎の側室問題の賛否!まさに大激論!

 

朝ドラ『あさが来た』では、加野屋でのふゆの存在感が増してきましたね~

と、同時にやはり新次郎に想い焦がれている様子です。

 

あさもそんな不穏なふゆの雰囲気を察したようです。

 

しかもあさは相も変わらず、大阪と九州の加野炭鉱(旧蔵野炭鉱)

を行ったり来たりしています。

 

ますます新次郎とのすれ違いも多くなりますし、表には出さないものの

新次郎も寂しさを感じているはずですね。

 

しかも今回は新次郎がはつの子どもの藍之助をかわいがるシーンも挿入されて、

新次郎が子どもを欲しがっている印象も視聴者に焼き付けられました。

 

もちろんこれら一連の演出は、朝ドラ『あさが来た』でもっとも懸念される

新次郎とふゆの側室問題に向けられてのもの。

 

この件は、新次郎の子どもを切望する母親のよのも絡んで、

今後は加野屋のお家内の最大の問題になりそうです。

 

これに関しては何度も取り上げましたが、『あさが来た』の視聴率の好調さもあって、

ネット上では様々な意見や議論も飛び交っています。

 

今回はふゆが新次郎の側室になることについての視聴者の方々の

意見や感想をご紹介していきます。

 

ネットやツイッターなどの印象的な意見や感想をまとめてみました。

 

この件についてはまさに賛否両論といった感じで、みなさん大激論です!!

 

ふゆの新次郎の側室問題~否定派の意見や感想

 

スポンサードリンク

 

「やはりふゆが新次郎の妾になるのはやめてほしいです。

当時の身分の高い人は妾をとるのは当たり前とナレーションで言ったにも関わらず、

新次郎は妾をとらないとあさに誓い、あさの涙は感動的でした。

 

しかし結局、ふゆが新次郎の妾になってしまうのなら、

あの回の演出は何だったのでしょうか?視聴者への裏切りに近いです」

 

「朝ドラで妾や側室を取り上げるのは反対です。

こういうことは夜の本格的な時代劇でやってほしい」

 

「新次郎とふゆのことは、脚色したほうがドラマとしてしっくりきますね。

ふゆは一途な亀助さんと結ばれるのが結末としては一番いいと思います」

 

「ふゆが妾になることをあさが許したとしても、視聴者は許さないと思う」

 

「ふゆちゃんがお妾さんになるなんて絶対ないでしょ?いかにも生娘だし、

もしそうなったら新次郎さんの好感度は暴落じゃん?

ふゆちゃんをやってる女優のイメージもあるしね~」

 

「ふゆの意外なほどの積極性にはびっくりしましたが、

新次郎とは結ばれてほしくないです。

 

史実、史実って言ってる人もいますが、このドラマはフィクションです。

多くの人がふゆが新次郎の子どもを産むのを見たくはないはずですから、

現代向けにアレンジしてもいいはずです」

 

「清原果耶さんのふゆに危険な雲行きを感じました。そもそもふゆは

山王寺屋の人たちと極貧生活をしていたのを、あさが頼み込んで

加野屋の女中にしてもらったんですよね?

 

それなのに新次郎の子どもを産んだりしたら、あさに対して

あまりにも恩知らずではないでしょうか?そうなったら新次郎もふゆも

嫌いになってしまいそうなので、この結末だけはやめてほしい」

 

「ネットで言われているふゆちゃんと新次郎さんのことですが、

できればふゆちゃんはお妾さんにはならないで誰かのお嫁さんになってほしいです。

新次郎さんの跡継ぎは、誰かをお婿さんに迎えれば解決するはずです」

 

「ふゆが新次郎の妾になることがこんなにも議論されているのは、

ふゆを演じている女優が若すぎるからじゃない?

やっぱりあの子の印象だと、多くの人が否定するのもわかる気がする」

 

ふゆの新次郎の側室問題~肯定派の意見

 

スポンサードリンク

 

「史実を淡々と描くのもアリだと思います。当時の風潮や規範意識からしても、

側室は問題ないわけですし…」

 

「ふゆが新次郎の二号さんにならないというオチは、ストーリーをいじりすぎ。

ここら辺は広岡家のお家事情の肝の部分だし、そのままやってほしい」

 

「ここまで新次郎の側室のことを匂わせといて、最後は何にもなかったじゃ

逆に非難轟々となるんじゃない?」

 

「某漫画家さんも、明治時代はお家を残すために妾は当たり前だったし、

描くべきだと言ってましたよね。

 

私もその意見に賛成です。視聴者の意見を気にし過ぎてそこから逃げてしまっては

リアリティもなくなりますし、本物のドラマじゃなくなるはずです」

 

「広岡浅子がお付きの女中に子どもを産ませたのは、自身の難産が原因で、

跡継ぎとなる男の子を産むことを諦めたから。実際は代理母に近いものだし、

莫大な財産を渡しているドライな関係。

 

実話のように跡継ぎが産めない→女中に代わって産んでもらうという流れだったら

何も問題はないと思う。女中の恋愛感情を持ち出しているから、ややこしくなってしまう」

 

いや~この問題に関してはネット上でもかなり白熱した

意見や感想が飛び交っていますね~

 

ざっと見ですが否定派が8割、肯定派が2割程度に見えました。

 

否定派の理由は、いったん妾を持たないといった新次郎がふゆに子どもを産ませる

というのは矛盾を感じる点や朝から側室を見たくない

あるいはふゆがあさの感情を差し置いて側室になるというのは分不相応というもの。

 

また単純にドラマとして、そのような結末は好まないという意見も多かったですね。

 

一方で肯定派の理由は、やはり史実をないがしろにすべきではないというものが

多かったです。

 

否定派、肯定派ともに視聴者のみなさんの感想や意見は説得力がありますし、

感心しますね~

 

わたしもこの問題の落としどころをどこに持ってくるかということは、

このドラマの最大の難所かと当初から思っていました。

 

しかもここにきてふゆの新次郎に対する心の揺れが激しくなってきましたよね~

このあたりも期待と不安が交錯してしまいます♪

 

上の感想にもありましたが、史実の浅子のお付きの女中・小藤(ムメ)が

信五郎の子どもを産むのも、どちらかと言えば代理母のような

関係だったように思われます。

 

なので、ここでふゆの新次郎に対する想いを過度に挿入してしまえば、

仮に側室になるとしても相応の理由や事情が必要になってきますよね。

 

あえてハードルを上げた のは、NHKの戦略でしょうか?

 

いずれにしても、この問題がここまで論じられるのは

やはり朝ドラ『あさが来た』が好評だからでしょう。

 

個人的には、NHKや製作側はよほどの結末を用意しているものと見ました♪

まだ先の話になりますが、みなさん期待しましょうね!

 

送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場
 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ