あさが来た|意識不明になった雁助はどうなる?マッチ工場は?

 

朝ドラ『あさが来た』では、加野屋を去った大番頭の雁助

ドラマに再登場します。

 

しかし何と経営しているマッチ工場で作業中に頭を負傷して、

意識不明の危篤状態になってしまいます。

 

雁助の再登場は嬉しいですが、まさかこんな形で…と思った視聴者の方々は

少なくないはず。

 

先代の正吉を慕い、長年にわたり加野屋に尽くした雁助ですが、

予想もできなかったショッキングな展開です。

 

しかも雁助が意識不明に陥ったことでマッチ工場の経営は立ちいかなくなり、

妻の仙波つねは加野銀行に融資の相談に来ます。

 

ドラマならではのまさかの展開ですが、雁助やその経営するマッチ工場は

どうなってしまうのでしょうか?

 

意識不明になった雁助はどうなる?マッチ工場は?

 

スポンサードリンク

 

神戸の病院で意識不明のまま入院している雁助ですが、

なんとあさとうめのマッサージによって意識を取り戻すことになります。

 

あさは萬谷に刺された時に娘の千代がやってくれたように、

懸命に雁助の体をマッサージするようです。

 

ふたりの介抱の結果意識を取り戻す雁助ですが、その後は快方に向かうようです。

 

いや~朝ドラですから何とかなるとは思いましたが、なにはともあれ雁助の回復は

よかったですね~

 

再登場の仕方が驚きだったので、その後が心配でしたが何とかなるようです。

 

また回復した雁助も最終的には加野銀行の融資を断りますから、

マッチ工場の経営も目途がついたということでしょう。

 

以前、栄三郎に宛てた手紙の中で、娘の病気も回復したとありましたから、

これで雁助一家はひと安心ということになりますね~

 

このような雁助の一件ですが、雁助が意識を取り戻さない中、

うめとつねが病室でふたりだけになるシーンがあるようです。

 

スポンサードリンク

 

このあたりのうめの対応は注目ですが、

ここでうめと雁助の淡い恋も清算されるようですね…

 

このあたりはちょっと朝ドラっぽくなく、視聴者としては残念なところもあります。

 

ですがこのようなビターな恋もたまにはいいと思いますし、

製作側もここまで雁助とうめの心情などは細かく練り込んできたと思いますので、

このような結末も個人的にはアリだと思います。

 

また見方を変えれば、雁助と結ばれなかったことでうめはドラマから

途中退場しないことになり、晩年まであさに仕えることになりますね。

 

このあたりは複雑で賛否両論ありそうですが、うめの姿をドラマの中で

見ることができるのは、単純に嬉しいですね~

 

で、以前の記事でも書きましたが、この一連の雁助の事故によって

栄三郎が生命保険会社の買収を決意します。

 

そして他社との合併を経て成長した生命保険会社は、

後の加野屋の事業の中核になっていきます。

 

けっこう唐突感もある雁助の負傷ですが、加野屋にとっては

大きな転機のきっかけとなっていくのでした!

 

【楽天スーパーDEAL】毎日更新!人気ブランドが30%以上ポイントバックも!

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ