あさが来た|萬田久子の菊に何が?死んでしまう?夢の山王寺屋とは?

 

朝ドラ『あさが来た』は、いよいよ物語も佳境へ向かって

ドラマの進行も加速していきます。

 

そんな中、気になるのが主要登場人物たちの死です。

 

史実に基づく歴史物の朝ドラの場合はヒロインの一代記が描かれることが

ほとんどなので、その周囲の人物たちの死は免れません。

 

今回の『あさが来た』でも白岡あさの生涯が描かれるので、ドラマの後半では

大切な人たちが逝ってしまうことになります。

 

このあたりは悲しいことですが、避けては通れないことでもありますね。

 

そして現時点で亡くなってしまうことがとても心配されるのが、

萬田久子さん演じる眉山菊です。

 

菊は山王寺屋の家付き娘でプライドが高く、登場時のはついびりには

辟易しましたが、このところはすっかりといいお婆ちゃんになっています。

 

そんな菊の身に何が起こるのでしょうか?

やはり亡くなってしまうのでしょうか?

 

萬田久子の菊に何が?死んでしまう?夢の山王寺屋とは?

 

スポンサードリンク

 

まずNHKの『あさが来た』のHPでは、第21週「夢見る人」の最後のほうで

菊の身に何かが起こることが示唆されています。

 

さらには第22週のタイトル(予定)は「夢の山王寺屋」です。

※追記

第22に予定されていた「夢の山王寺屋」のタイトルは「自慢の娘」

に変更となりました。

 

菊はドラマオリジナルのキャラクターで史実上の手がかりはないのですが、

これらからしても尋常でないことが菊の身に起こることは確実なようですね。

※どうやら転倒して腰の骨を折り、寝たきりになってしまうようです

 

さらにソースや信ぴょう性は確かではありませんがネットの情報などを収集すると、

やはり第21週の後半で菊が倒れてしまうらしいです。

 

スポンサードリンク

 

その上で、はつや惣兵衛が加野銀行で働いている藍之助を呼び戻そうとしますが、

菊は藍之助の邪魔になるとそれを拒みます。

 

信ぴょう性は別として、山王寺屋の再興を切に願う菊らしいエピソードですね。

 

当初とはキャラが変わった最近の菊ですが、藍之助との絡みで時折覗かせる

山王寺屋の再興の願いはちょっと切ないですね~

 

もはや大阪の大店の両替商としての山王寺屋を再興することは

不可能に近いことですが、自分の代で家を絶やしてしまった責任なども

滲み出ていますから、なおさらです。

 

で、先ほどの未確認情報の続きですが、菊は最後にミカン畑を見たいと言い出し、

最後の力を振り絞ってミカン畑までたどり着きます。

 

そして

「このミカン畑こそが、うちにとってかけがえのない

山王寺屋の看板だす」

と言って倒れて亡くなってしまうとのことです。

 

※追記

実際の放送とは菊の最期が違っていましたね~

ただし大まかなテイストは同じような感じだったので、

個人的にはヨシとします♪

 

わたしは個人的にネット上の未確認情報などをご紹介するのは抵抗があり、

あまりしないのですが、あまりにいい話だったのでご紹介してしまいました♪

 

これまでの菊の山王寺屋へ対する想いなどを考えながら、

このシーンを想像するだけでじんわりときてしまいますね。

 

ただし、裏が取れていない情報なので間違っていたらすみません。

 

いずれにしても山王寺屋の菊の身になにかあることが濃厚で、

亡くなる可能性も高そうです。

 

和歌山に流れて来ても、菊の望みは一貫して

山王寺屋の再興でした。

 

やはり老舗両替商の家付き娘だった菊にとっては、

お家を断絶させてしまったことに大きな責任を感じているのでしょう。

 

もはや山王寺屋の再興は夢のまた夢ですが、

それでも加野屋ののれん分けなどで藍之助に

山王寺屋を再興させようとする姿はいじらしさすら感じますね。

 

『あさが来た』でも、いよいよお馴染の登場人物が逝ってしまう

時期が来たようですね…

 

激安を探すならまずはココ!日替わりセール品をチェック

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ