あさが来た|田村宜は女学校を卒業したらどうなる?親子バトル?

 

朝ドラ『あさが来た』では、あさの娘千代の親友の田村宜(吉岡里帆)が

いい味を出していますね~

 

登場時からあさのことを「あさ先生」と慕い、千代とのバトルも笑えましたね~

 

そんな宜でしたが、実家のことになるとなんだか口が重くなりました。

 

どうやら宜は女学校卒業後の自身の身の振り方について、

問題があるようですね~

 

今回はそのあたりを、宜のモデルとなっている井上秀と照らし合わせて

考えていきます!

 

田村宜は女学校を卒業したらどうなる?親子バトル?

 

スポンサードリンク

 

田村宜のモデルの井上秀は、京都府高等女学校在学中に広岡浅子に気に入られ、

卒業後は加島屋で住み込みで働くことになります。

 

その後、宜は浅子の右腕となって支え、教育者としての浅子の後継者になります。

 

このあたりは明確な史実がありますので、結果的にはドラマでも

同じような流れになるはずです。

 

しかし着地点は明確ですが、ドラマではそうすんなりといかないでしょう。

 

それは高橋由美子さん演じる宜の母親の田村フナの存在です。

 

以前の記事でも書きましたが、フナは限りなくドラマオリジナルの

キャラクターです。

 

しかも勉強ばかりしている宜のことが理解できずに、一日も早くお嫁に行かせたい

と思っている設定ですので、ややこしくなりそうですね~

 

そんなことから宜は女学校卒業後に、社会(加野屋)に出て働くか、

花嫁修業をするのかという選択肢に直面するようです。

 

と言いますかフナの存在により、宜は半ば強制的に結婚あるいは

花嫁修業を迫られることになりそうです。

 

確かに当時は女性の社会進出がそれほどでもなかった時代で、

多くの女学校の卒業生たちはすぐに結婚するか、花嫁修業をします。

 

しかしあさを崇拝する宜は、加野屋で働くことを熱望するはずです。

 

そこに立ちはだかるのが母親のフナという構図が予想されますね♪

 

そして、その問題を解決するのはやはりあさになるでしょう。

 

スポンサードリンク

 

あさがフナに女性の社会進出の必要性などを説いて、加野屋で働くことを

認めさせるのではないでしょうか?

 

※もしかしたら宜が自力であさのことをフナに説明して、納得させる

という流れもありますが…

 

場合によっては宜とフナはバトルになる可能性もありますね~

しかし、この田村家の親子関係は、千代にも影響を与えるはずです。

 

周知のとおり千代は加野屋という土俵を用意されながら、家の商売や

仕事には興味が薄いです。

 

ですが社会で働きたくても働かせてくれない宜を見て、

何か得るものがありそうですね。

 

あさと千代の親子関係とは、真逆の悩みを持つ田村宜とフナの親子ですが、

その姿は白岡家の親子関係にも影響を及ぼしそうですね♪

 

このあたりには注目です!!

 

激安を探すならまずはココ!日替わりセール品をチェック

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ