あさが来た|高橋由美子の宜の母・田村フナのモデルは?どんな役回り?

 

朝ドラ『あさが来た』には、吉岡里帆さん演じる田村宜が登場しました!

 

宜は女学校への進学を花嫁修業と言ったあさの娘の千代に、

「志の低いダメな女」と言い放ちました。

 

なかなか強烈なキャラクターの宜ですが、尊敬する女性はなんとあさですから、

ますます千代は許せない状況になりましたね~

 

他の記事でも述べたように、宜はゆくゆくはあさの片腕となり、女性教育においては

その後継者となる重要な人物です。

 

そんな宜ですが、実はその母親もドラマに登場します。

 

高橋由美子さん演じる田村フナですが、モデルは誰なのでしょうか?

どんな役回りなのでしょうか?

 

高橋由美子の宜の母・田村フナのモデルは?どんな役回り?

 

スポンサードリンク

 

田村宜のモデルは井上秀で、秀にも母親はいたでしょうが資料などは

残っていないようです。

 

また田村フナの役回りは勉強好きな娘の宜のことが理解できずに、

女学校を辞めさせても嫁に行かせようとします。

 

田村親子は、あさと千代の白岡家の親子とは真逆の関係なんですね~

 

後にあさは宜の賢明さや勤勉さからこれを何とかしようとしますが、

宜と千代のように、あさとフナも戦いになるのかもしれませんね。

 

ところで史実の井上秀は京都の田舎に生まれたものの、

女子は尋常小学校すら満足に通っていなかった時代に、高等小学校を経て

京都府高等女学校まで進学しています。

 

このことからすれば、秀の母親は秀が勉強することに対しては

かなりの理解があったはずですし、両親のサポートがあったからこそ

秀は女学校まで進学できたと思われます。

 

スポンサードリンク

 

そのため実際の井上秀の母親のキャラクターは、

ドラマの田村フナとは異なるように思えます。

 

なので高橋由美子さん演じる田村フナは、限りなくドラマオリジナルのキャラクター

と言っていいようです。

 

千代をバッサリと切り捨てた田村宜ですが、宜もまた親子関係の悩みを

抱えることになりそうですね~

 

そんな宜を見て、勉強があまり好きでなく、学ぶことに意義を見出せなかった

千代も変っていくのかもしれませんね~

 

またフナと宜との関係は、あさにも大きな影響を及ぼすものと思います。

 

フナも決して意地悪をして宜の勉強をやめさせようとするわけではありませんし、

何らかの形で娘の将来を心配しているからこその行動のはず。

 

とすればあさも千代の将来のためと思いながらも、結果的には押しつけになって

しまったことなどを振り返るようにも思えます。

 

恐らく宜とフナの親子関係は、あさと千代の白岡親子に何らかの疑問を投げかける

役どころのようにも思われますので、注目しましょう!

 

最後にまったくの余談ですが、テレビドラマ「南くんの恋人」でヒロインの

小さくなってしまった女子高生役で出演していた売れっ子アイドルの高橋由美子さんが

母親役で朝ドラに登場とは…いやはや時の流れを感じざるを得ませんね~

 

送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ