あさが来た|はつの夫山王寺屋惣兵衛のその後は?実はいい奴だった!

 

 

朝ドラ『あさが来た』では、あさの姉のはつ(宮崎あおい)が

いよいよ山王寺屋に嫁ぐ日がきました。

 

夫となるのは、幼い時からの許嫁であった山王寺屋の跡取り息子

眉山惣兵衛(柄本佑)です。

 

惣兵衛はあさ(波瑠)からも「白ヘビ」と呼ばれているように、

性格が悪そうですよね~(といいますか悪いです)

 

笑いもしないし、貧乏ゆすりはするし、おまけにはつやあさを侮辱するような

発言さえします。

 

いや~こんな人のもとにお嫁に行くなって、いくら許嫁でもひどい…

はつの父母の忠興や梨江は何をやってんの! なんて思ってしまいます。

 

ところが惣兵衛を昔から知る白岡新次郎(玉木宏)は、惣兵衛について

「昔は面白い奴でいい奴だった」と発言します。

 

ちょっと驚きですが、とすれば惣兵衛は何かがきっかけで変ってしまった

ということになりますね。

 

惣兵衛を変えてしまったのは何だったのでしょう?

その後の惣兵衛のたどる道と併せてご紹介します。

 

惣兵衛はどうして変わってしまったのか?

 

スポンサードリンク

 

惣兵衛を変えてしまったのは、母親の菊(萬田久子)でしょう

 

菊は名門・山王寺屋の娘であったことから人一倍プライドが高く、

婿養子の栄達(辰巳琢郎)をないがしろにしてしまう行動もしばしば見られます。

 

また息子の惣兵衛に対しても、あたかも自分のいいなりになるような教育をしました。

 

そのため、いつしか惣兵衛は自分も父の栄達も山王寺屋の道具に過ぎない

と考えるようになり、菊に対し密かに殺意さえも抱くようになってしまうでしょう

 

と同時に、惣兵衛は菊の姿を見て育ったことから、極度の女性不信となっている

ようです。

 

つまり世の中の女性は菊みたいだと考えるようになったのでしょう。

 

そのためあさやはつに対しても、あのようなひどく見下すような態度を

とったと思われます。

 

子どもの頃はいい奴だった惣兵衛を変えてしまったのは、

母親の菊だったのですね~

 

でももともと惣兵衛は悪い人ではないことから、今後は変わるのでしょうか?

 

惣兵衛は変わる? その後は?

 

スポンサードリンク

 

以前の記事にも書きましたが、明治維新を境に山王寺屋は破産してしまい、

没落します。

 

大きな負債を抱えた山王寺屋の栄達夫婦や惣兵衛、はつはみなで夜逃げし、

貧民街に息を殺すようにひっそりと暮らします。

 

しかしそこにも借金取りの手が及び、一家は再び逃亡して大阪郊外の農家の納屋を借りて

生活することになります。

 

ところがここで惣兵衛に大きな変化が生まれます

 

天秤棒を担いで野菜の行商をおこなう惣兵衛でしたが、この頃になると

はつに笑顔を見せるようになり、時折は冗談さえ言うようになるのです

 

あの惣兵衛の笑顔はもちろんのこと、冗談なんて想像できませんよね?

今の惣兵衛のイメージからすればちょっと怖いかも♪

 

惣兵衛は山王寺屋の跡取りというプレッシャーから解放されたことや、

何よりはつの優しさや愛情を感じて変わっていくのでした

 

というよりも、以前の惣兵衛に戻っていくという表現のほうが

正確かもしれませんね。

 

愛情不足で育った惣兵衛を変えたのも、やはりはつの愛情でしょう。

 

このあたりのストーリーはドラマオリジナルです。その後は惣兵衛をはじめとする

山王寺屋一家は、あさやはつの母・梨江の計らいで和歌山の今井家の土地を借り、

農業に従事することになります。

 

そこでも何やら困難が待ち受けていそうですが、惣兵衛としては

両替商の仕事よりも向いてそうですね。

 

その後の惣兵衛やはつがどうなるかは楽しみですね♪

 

送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場
スポンサードリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ