あさが来た|雁助はやはり加野屋を辞める!その理由や今後はどうなる?

 

朝ドラ『あさが来た』では、やはり当初の予想通り加野屋の大番頭雁助

(山内圭哉)が店を辞めて、あさ(波瑠)たちと袂を分かつことになります。

 

ここまで雁助が加野屋を辞める伏線は、たびたび描かれてきましたね。

 

生前の正吉(近藤正臣)があさを重用することに嫉妬心を覚えたり、

加野炭鉱の事故の際には手放すことを進言したりなど…

 

ただし、雁助も加野屋の大番頭として長年店を仕切っていましたし、

加野炭鉱の事故の際には正吉の頼みで現地に赴き、実務能力の高さを示していました。

 

また雁助はここまで加野屋から暖簾分けをしてもらうことも望まずに、

一生加野屋に骨を埋める覚悟でしたね。

 

そんな雁助が加野屋を去ってしまうことは大きな損失ですし、

あさや新次郎もショックを受けます。

 

雁助が加野屋を辞めてしまう理由や今後はどうなるのでしょうか?

 

雁助はやはり加野屋を辞める!その理由や今後はどうなる?

 

スポンサードリンク

 

雁助が加野屋を辞めるもっとも大きな理由は意外なもので、

現時点ではわかりません。

 

ただし、以前雁助がうめに珍しく別れた妻や娘の話をしたことがありましたが、

その娘が関係しているもののようにも思われます。

 

またそれとは別に間接的な原因・理由になるのが、あさとの対立の激化です。

 

ここまでの流れでも、雁助は加野屋の銀行への転身には消極的でした。

 

しかしもはや両替商は時代遅れであり、加野屋も今井家のように

銀行業にシフトしていきます。

 

その過程で雁助はあさとの対立を深めていくことになります。

 

また銀行の開設と併せて加野屋はあさの主導で新たな炭鉱の買収

動くことになるのですが、やはりそこでもふたりは対立することになります。

 

さらに正吉の死後、加野屋の経営は跡取りの栄三郎と新次郎、

そしてあさの合議制となりますが、何らかんらいってあさがイニシアチブを握ります。

 

加野屋の小僧、丁稚、手代そして番頭へと上り詰めた雁助にとっては、

当主である栄三郎を差し置いてあさが経営の主導権を握ることは

苦々しいものを感じてしまうようです。

 

雁助はもともと正吉に心酔していましたし、保守的な考えの持ち主ですから、

やはり型破りなあさにどこかついていくことができないみたいですね。

 

そうは言っても、幼い時から加野屋に勤める雁助ですから

加野屋を辞めるにあたっては相当悩みます。

 

そんな雁助の背中を押してやるのが新次郎です。

 

スポンサードリンク

 

新次郎は加野屋を辞めることを悩む雁助に対し、自分の選んだ道を進むべきことを

アドバイスします。

 

やはり人の気持ちに敏感な新次郎は、ここでも大きな役割を

果たすことになりそうですね♪

 

そんな新次郎の後押しもあって、加野屋と訣別することを決意した雁助ですが、

具体的な今後については現時点では不明です。

 

恐らくまだ明らかになっていない、雁助が加野屋を辞める

主たる理由が関連しているようですね。

 

※追記

これが雁助が加野屋を辞めてしまう理由になりそうです
あさが来た|雁助の手紙の仙波つねは誰?加野屋を辞める原因になる?

 

流れとしてはこれまで加野屋で培ってきた両替商としての経験で、

新たな店を出すことも考えられますが、如何せんこの時期には

両替商という商売自体が時代遅れのもの。

 

そのため敢えて両替屋を開業するということは非常にリスキーですし、

考えづらいですね。

 

恐らくこれまでとはまったく別の道を歩みそうな雁助の今後ですが、

分かり次第お伝えします。

 

また雁助が抜けた穴は、新キャストで元官僚の山崎平十郎(辻本茂雄)が

あさの右腕となることでカバーします。

 

気になる雁助が加野屋を辞める時期ですが、加野屋が銀行を設立する

第17週(1月25日~)になりそうです。

 

送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ