あさが来た|惣兵衛はやはり死んでしまうの?その可能性が高い理由

 

朝ドラ『あさが来た』はクライマックスへと向かっていますが、

いよいよ気になってくるのが、主役級の登場人物たちの死です。

 

ヒロインのあさはドラマの最終回まで健在でしょうが、新次郎やはつ、

惣兵衛などは気になりますね。

 

そしてその中でも現在もっとも死が懸念されるのは、柄本佑さん演じる

はつの夫の惣兵衛です。

 

この惣兵衛のモデルは大阪の老舗両替商・天王寺屋の最後の当主ですが、

ほぼドラマオリジナルのキャラクターです。

 

そのため史実上の手がかりはないのですが、惣兵衛が死んでしまう可能性が高い

とも言える理由が数点ありました。

 

今回はそちらをご紹介します。

 

ミカン山

 

惣兵衛はやはり死んでしまうの?その可能性が高い理由

 

スポンサードリンク

 

まずNHKの『あさが来た』の予告編で、はつが惣兵衛を介抱する姿が

描かれていました。

 

これにより直接惣兵衛が死んでしまうという結論には至りませんが、

やはり惣兵衛の身に大きな出来事が降りかかるのは間違いなさそうです。

 

また藍之助も再び和歌山に戻ることになるということは、

かなりの大事のようです。

 

さらに新次郎が単身でわざわざ和歌山に行き、はつや惣兵衛の一家と

交流するエピソードが挿入されたのも気になりますね。

 

いつも以上に酔っ払って上機嫌で新次郎と談笑する惣兵衛の姿には、

やはり不安を感じてしまいます。

 

さらにはその回が「夏の終わりのことでした」という意味深なナレーション

で終わったことも、これから起きる出来事を示唆しているように感じました。

 

そして極めつけは、NHK出版から発売されている『あさが来た』のノベライズです。

 

スポンサードリンク

 

朝ドラのノベライズは最終回前に発売することから、主役級の登場人物の死などは

ぼかして書かれており、あまり手掛かりにならないのですが、

惣兵衛に関しては気になる描写がありました。

 

それは最終回近くで養之助と節が二人目の子供を授かった際に、

それを聞いたはつが「聞いてはりましたか? 旦那様」

ミカンの山を見上げるシーンです。

 

ノベライズには新次郎が和歌山を訪れて以降は、惣兵衛についての描写は

一切ないのですが、

 

養之助の二人目の子どもの懐妊をミカンの山に向かってはつが報告する

というのは、やはり惣兵衛は亡くなっていると考えるのがいいようですね。

 

というわけで、惣兵衛はドラマ内で亡くなってしまう可能性が高いものと

考えます。

 

登場当初は「白ヘビ」と言われたように、生気もなく母親の菊のなすがままに

従う惣兵衛の姿には、嫌悪感を抱いた方も少なくないはずです。

 

しかし山王寺屋が破産・没落後の惣兵衛の成長は、

目を見張るものがありました。

 

そしてあさに対する新次郎の愛情とは形が異なるものの、

惣兵衛のはつへの愛情の深さは感動すら覚えましたね。

 

もはやドラマでもなくてはならない人物となっている惣兵衛ですが、

お別れの時が来たというのは悲しいですし、淋しいです。

 

できればこの予想が外れることを祈りたいです!

 

(PR)

便秘や基礎代謝でお悩みの方必見!期間限定お試し価格でのご提案です

「自信あり」とのことで初回のみでの解約も可能です。一読の価値はありそうです

 

毎日19:00~24:59開催!楽天スーパーDEAL6時間限定アイテムが登場!

スポンサードリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ