あさが来た|長塚圭史の納屋頭サトシのモデルは?何をしでかす?

 

朝ドラ『あさが来た』では、再び加野炭鉱に戻ったあさ(波瑠)は

炭鉱の改革に取り組みます。

 

当時の多くの炭鉱は飯場制度が敷かれており、サトシ(長塚圭史)らの納屋頭が

労働者からピンハネしたり、生活必需品なども高く売りつけるなどの

中間搾取が横行していました。

 

それをやめさせる、炭鉱労働者たちの生活向上をさせようとするあさですが、

納屋頭たちの反発に遭ってなかなかうまくいきません。

 

またすっかり労働者たちにあさが慕われたせいもあって、

加野炭鉱の士気は上がりますが、なぜかサトシの組だけ採炭量が減る始末。

 

サトシの正体は加野屋の正吉や新次郎に恨みを持つ松造ですが、

やはり何か企んでいますね

 

あさもサトシの正体は分からないものの、尋常ではないサトシの態度には

警戒している様子です。

 

そんなあさの不安は悪い意味で的中してしまいます。

 

この後、サトシはとんでもないことをしでかすことになります。

サトシのモデルと併せてご紹介していきます。

 

炭坑 明治

 

長塚圭史の納屋頭サトシのモデルは?何をしでかす?

 

スポンサードリンク

 

まず納屋頭のサトシですが、実在の人物ではなく

ドラマオリジナルのキャラクターです。

 

原作本「土佐堀川」にもサトシは登場しないことから、このキャラクターは

ひとえにドラマを盛り上げるために創られたものですね。

 

少し話は脱線しますが、NHKの朝ドラはどの作品でも概ね第10、11週あたりに

視聴率が下落する傾向にあります。

 

いわゆる「中だるみ」ですが、サトシはこのあたりの週の物語を盛り上げて、

視聴率の下落を防ぐために登場するとも思われます。

 

今回の朝ドラはNHK大阪の制作ですが、前回制作した「マッサン」でも

この週あたりの「働かないマッサン」がかなり叩かれ、

視聴率も急落した反省も含めてのように思います。

 

で、話を元に戻しますが、このサトシはとんでもないことをしでかすのです!

 

スポンサードリンク

 

サトシはこの後、なんと加野炭鉱を爆破します!

 

当初は落盤事故かと思われましたが、その後にやってきた五代友厚

(ディーン・フジオカ)が現場で見つけた破片から火薬を使ったものと見抜きます。

 

実はサトシは当初から、この機会を窺っていたのです。

 

加野炭鉱にはあさが頻繁に訪れるため、なかなか実行の機会がなかった

サトシですが、あさの懐妊が分かって大阪に帰った折に、

事前の計画どおり加野炭鉱を爆破します。

 

もちろんサトシが加野炭鉱を爆破する理由は、加野屋への恨みです

 

このように経営面も軌道に乗っていた加野炭鉱の爆発、

落盤は加野屋の大きな痛手となります。

 

復旧するまでは採炭作業ができないばかりか、坑道や設備などを修繕するには

大金がかかってしまうことになります。

 

その頃、加野屋の当主となっていた栄三郎(桐山照史)は炭鉱の再建を諦めて

売却することを提案しますが、あさはこれを拒み、再建のために

加野炭鉱へと乗り込んで行きます。

 

あさにとって、三度の加野炭鉱での奮闘となりますが、こちらも注目ですよね~

ちなみにこのサトシの爆破の件も、ドラマオリジナルのストーリーです。

 

送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場
 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ