あさが来た|笑福亭鶴瓶の玉利友信のモデルは?史実との違い

 

朝ドラ『あさが来た』では、あさの嫁ぎ先の加野屋の財政がピンチを迎えます

 

大名や諸藩に貸した900万両(現在の価値でおよそ4500億円)の返済も滞る中、

銀目手形の払い戻しで手持ちの現金が不足。

 

運転資金がなくなってしまったら、両替商という商売すらできなくなってしまいます。

まさに加野屋は存続の危機に瀕しています

 

そこで正吉(近藤正臣)は以前お金を貸したことのある奈良の豪商

玉利友信(笑福亭鶴瓶)に資金の融通を受けることを提案し、

代理としてあさ(波瑠)が玉利の元に向かいます。

 

玉利のキャストの笑福亭鶴瓶さんは、なんと朝ドラ出演は27年ぶり。

前回の出演作「純ちゃんの応援歌」は山口智子さんがヒロインを演じていましたので、

時代を感じさせますね~

 

ところで鶴瓶さんが演じる玉利友信は、実在の人物だったのでしょうか?

そのモデルと共にご紹介します。

 

玉利友信は実在? モデルは誰?

 

スポンサードリンク

 

玉利友信は実在の人物で、モデルは貿易商の毛利友信です。

 

毛利友信は江戸末期に黒船の来航で鎖国が解かれ、

諸国との貿易が再開された際に、いち早くそれに乗り出して

財産を築いた人物です。

 

奈良 富豪

 

本業は貿易商ですが、それと並行して金貸しもおこなっていて、

当時はかなりの利益を上げていたらしいですね。

 

あさの実家の今井家や嫁ぎ先の加野屋のような歴史はないので、

今で言う新興成金といった感じでしょうか?

 

毛利が貿易で儲けたのも、1858年に江戸幕府が外国の圧力に屈して、

開国したからです。

 

この時期から幕末、明治期にかけては世の中が大きく変わったことから、

毛利は時流に乗った人物でしょう。

 

ドラマでは当初はあさを門前払いにしようした友利ですが、

あさの度胸の良さと商才を見抜き、加野屋に無利子でお金を貸します

 

またあさを日本一の女商人になると予言したのも友利でした。

 

ドラマと史実との違いは?

 

スポンサードリンク

 

ドラマでは友利は奈良の富豪として登場しますが、

史実の毛利は東京の貿易商で金貸しです

 

そのためあさのモデルとなった広岡浅子も、

東京の毛利の元まで出向いていきました。

 

またドラマではあさが加野屋の代表として、以前お金を貸したことのある

友利に、借金を申し込みに行くという設定ですが、

 

実際には加野屋のモデルの加島屋は既に毛利に借金をしていて、

その返済猶予を求めるために浅子が出向くという設定です

 

当時の加島屋はドラマの加野屋以上に経営が厳しく、

土地や建物さえも既に毛利の抵当に入っていたのです。

 

ドラマでは友利に融資を受けた加野屋は、その資金を元手に何とか窮地を脱して

持ちこたえることができました。

 

しかし経営状態は悪く、予断のならない状況です。ここを何とかするのが、

ヒロインのあさです。あさの活躍が待ち遠しいですね♪

 

※追記

ドラマで笑福亭鶴瓶さんが演じた玉利のキャラはなかなかでした。

史実の毛利とは諸設定が異なりましたが、あさが将来日本一の女商人

になることを予言するなど、後のストーリーの伏線になりそうなことも

盛り込まれていました。

 

さらには玉利はあさを試すために厩で一晩を過ごさせるという

ドラマオリジナルのエピソードも、後のあさの反撃で活きましたね。

 

玉利が予言したように、今後のあさの実業家としての活躍が楽しみです!

 

送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場
スポンサードリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ