あさが来た|加野屋栄三郎の子役・吉田八起がかわいい!モデルは誰?

 

朝ドラ『あさが来た』では、あさ(波瑠)はいよいよ大阪の両替商

加野屋の白岡新次郎(玉木宏)のもとに嫁ぐことになりました。

 

このころ加野屋では跡取り息子で将来を嘱望されていた長男の正太郎(木内義一)が、

労咳(結核)で志半ばでの無念の病死。

 

そのため将来の加野屋のかじ取りを任せる跡取りを、誰にするかが問題となっています。

 

本来なら次男の新次郎が跡取りとなるのが自然ですが、新次郎は分家に養子に出した身です。

 

もちろん当時はそのような場合でも、跡取りが亡くなった場合などは本家に呼び戻すことも

少なからずありましたが、当の新次郎本人が加野屋の商いに興味を示さない状態です。

 

そこで加野屋の主の正吉(近藤正臣)は苦肉の策として、

加野屋の跡取りは三男の栄三郎(吉田八起)にすること、

そして新次郎は栄三郎が成人するまではその後見人になることを決めます。

 

と言っても、この時栄三郎はまだ9歳。成人となるまではまだかなりの時間が必要ですし、

新次郎に至っては後見人となった後も道楽ぶりは変わりません。

 

加野屋はかなり先行きが心配ですが、ここで立ち上がるのが嫁のあさなので、

その奮闘ぶりは楽しみですね~

 

ところで幼少期の白岡栄三郎を演じるのは吉田八起君。

あまり他のドラマでも見たことのない子役さんですよね~

 

ちょっと気になったので八起君について調べてみました。栄三郎のモデルとなった人物とともに

ご紹介していきます。

 

吉田八起君って誰?

 

スポンサードリンク

 

吉田八起君の読みはよしだ はつきだそうです。あさの座右の銘が九転十起ですから、

なかなかの偶然ですね~

 

この八起君ですが、ネット上にもほとんど情報がありません。

 

所属事務所がテアトルアカデミー大阪で、『あさが来た』はNHK大阪の製作ですから、

オーディションで栄三郎の役を勝ち取ったのでしょう♪

 

これまでの出演はWEBドラマということから、連続ドラマははじめてでしょうし、

ましてやそれが国民的な人気のNHKの朝ドラですから、プレッシャーも相当でしょう。

 

星の数ほどいる子役の中から抜擢されたのですから、よほど八起君のイメージが

栄三郎と合っていたことや演技力などが評価されたと思います。

 

新次郎とは違って、真面目で勤勉な栄三郎を八起君が成人した栄三郎役の桐山照史さんに

どうバトンタッチするのかも楽しみですね♪

栄三郎は実在? そのモデルとなった人物は?

 

スポンサードリンク

 

栄三郎のモデルとなった人物は実在で、広岡正秋です。

正秋は新次郎のモデルの広岡信五郎の実弟です。

 

広岡正秋

(広岡正秋)

 

三男の正秋が家督を継ぐのも、長男の喜三郎が早逝し、

分家に養子に出した次男の信五郎が道楽者で

本業が身に入らなかったためです。

 

このあたりのエピソードはドラマと史実は同じですね♪

 

正秋もその後立派な実業家となり、加島銀行の頭取や尼崎紡績

(現在のユニチカ)や大同生命の要職を歴任します。

 

正秋も兄嫁の浅子(あさのモデル)や兄の信五郎とともに加島屋

(ドラマの加野屋のモデル)をしっかりと支えていくことになります。

 

ドラマではその後の栄三郎は、かなりの慎重派として描かれるようです

 

そのため時として奇想天外で大胆なアイデアを実行するあさとは意見が食い違い、

対立することもあるようです。

 

やはりドラマは人との関わりにより成長していくのが醍醐味ですから、

あさと栄三郎の対立や和解なども今後の大きな見どころとなるでしょう。

 

あさは持ち前の超ポジティブな性格の反面、時には暴走しがちですから、

あさにとっては栄三郎はストッパーのような役割になると思います。

 

その反面で物事に慎重な栄三郎にとっても、あさのずば抜けた行動力は、

今後の人生の糧となるはずです。

 

お家のかじ取りという難しい役割を担っていくことになるふたりですが、

その成長ぶりにも大いに期待したいところです。

 

送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場
スポンサードリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ