あさが来た|ドラマには描かれない大久保利通の偉大さ!なぜ不人気?

 

朝ドラ『あさが来た』では、あさは上京して五代友厚の計らいで

内務卿の大久保利通と初対面します。

 

そしてふたりは意気投合して、あさは五代とともに大阪のさらなる発展

活性化を大久保に約束しましたね♪

 

日本のために尽力する大久保と大阪のために尽力する五代やあさ。

なかなか見ていて気持ちがよかったです。

 

しかしながら、そんな大久保が暗殺されてしまいます。

 

これは世にいう「紀尾井坂の変」ですが、当時の日本にとって

大久保を失ったことは非常に大きなダメージとなりました。

 

大久保はドラマにたまに顔を出すものの、その功績などが紹介されないことから、

どれだけこの人が凄かったのがわからない方もいますよね。

 

ドラマ内でも柏原収支さん演じる大久保が「人気がない」と言っていた理由も含めて

ご紹介します。

 

大久保利通

 

ドラマには描かれない大久保利通の偉大さ!なぜ不人気?

 

スポンサードリンク

 

幕末から明治期の英雄である大久保利通につきましては数々の書籍などもありますので、

わたしなりの彼の偉大さや凄さをまとめさせていただきました。

 

個人的に大久保が凄いと思いますのは、この人の行動すべてが国益を最優先し、

私心や私情に捉われなかった点です。

 

明治維新により世の中はひっくり返りましたが、当時の国際社会は帝国主義の

の真っ盛りです。

 

まさに弱肉強食の時代で、アジアの国々も次々と欧米の列強の植民地になっていった

時代です。

 

そのような中で新生日本がやらなければならないことは、

早急に欧米諸国に対抗できるように国を強くしていくこと。

 

徳川幕府を倒すことには成功しましたが、もたもたしていては

列強諸国の植民地にされてしまう危険があります。

 

そこで辣腕を振るったのが、この大久保利通です。

 

大久保利通は廃藩置県版籍奉還をおこなって、中央集権国家の建設を

強権的に断行します。

 

大久保は薩摩藩出身でかつての主君の島津久光は、

藩士時代の大久保を重用するなど恩義のある人物でした。

 

久光は廃藩置県はもちろんのこと、封建制の廃止にも反対でしたが、

この際も大久保は私情を挟まずにこれを断行し、久光と訣別することになります。

 

大久保も武士でしたから当時の主従関係の重さは理解しているはず。

 

しかし私情よりも国益を優先し、かつての主家であった薩摩藩を解体していきます。

 

さらに征韓論を巡って盟友である西郷隆盛と対立した際も、裏工作をもって

西郷を政治的な敗北へと導きます。

 

これが後の西南戦争へと発展してしまうわけですが、ここでも西郷への友情よりも

国益を優先しました。

 

他にも近代国家の樹立のために身分制の撤廃や士族への俸禄の打ち切りなどの

改革を断行して、旧士族たちの不平を一手に担うことになる大久保ですが、

すべては日本のためと断行します。

 

何らかんら言って薩長土肥などの寄せ集め集団であった新政府には、

大久保のような半ば強引といえるほどのリーダーシップをもった人物は不可欠でしたし、

列強諸国脅威は予断を許さないものだったのです。

 

と、同時に私情を挟まずに徹底した国益優先主義は大久保の不人気の原因となります。

 

スポンサードリンク

 

特に当時非常に人気の高かった西郷隆盛を死に追いやった点は、

庶民からも不評を買いました。

 

前記のように旧士族からも不評の大久保でしたから、西郷の死は

いっそうの不人気に拍車をかけることになりました。

 

また大久保は強大な権限を有する内務卿という地位にあり、

半ば明治政府の独裁者であったことも人気の低さの原因です。

 

しかし大久保利通の凄い点は、これだけの権力を持ちながらも、

私腹を肥やすようなマネを一切しなかったことです。

 

そればかりか彼の死後には、国のために私財を投げうって

多額の借金があることさえも判明しました。

 

数々の独裁者たちが権力を手にしたあとに欲望にまみれてしまうことは

周知の事実ですが、大久保に関してはそのようなことはないばかりか、

借金まみれの独裁者なんて聞いたことないですよね?

 

彼は生涯を通して国益を最優先した清廉潔白の士だったのです。

 

幕末や明治初期には多くの偉人たちが活躍しましたが、

個人的には大久保の功績やスタンスはずば抜けていると思っています。

 

このあたりはステージが違うとは言え、盟友の五代友厚とも共通するものがあります。

 

ふたりが生涯において関係が良好だったのは、このような共通点があったからだとも

思われます。

 

拙い文章と浅学は恐縮ですが、この大久保利通という人物がいかに日本のことを考え、

近代日本の建設になくてはならない偉人であったことが少しでも伝わってくれれば幸いです。

 

本当にさわり程度のことしか書けませんでしたが、大久保利通については

詳細を記した書籍やサイトがたくさんありますので、気になった方はそちらをどうぞ。

 

送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場

 

スポンサードリンク

 

2 Responses to “あさが来た|ドラマには描かれない大久保利通の偉大さ!なぜ不人気?”

  1. 平成の愚禿 より:

    大久保が清廉潔白な人物であったことは明白ですよね。

    ただ、同時に国益のためなら手段を選ばない非情の人であったのが、不人気の理由でしょうかね。

    私も、ある意味尊敬はしますが友達になりたいといわれれば・・・。

    特に、江藤新平や前原一誠らに対しての裁判手続きを経ない苛烈な措置には眉を顰めてしまいます。

    彼らの行動には士族の不満というだけではなく山県や井上による新政府の腐敗糾弾、という側面もあって、十分な理由があったのに、

    暗黒裁判で試験判決に反論しようとした江藤新平の態度を「醜態笑止なり」と切って捨てて、さらし首の写真をリークしている(この写真は今でも簡単にGoogleなどで検索・閲覧できます。お勧めしませんが・・・。)

    江藤が殉教徒、英雄化されて他の内乱が誘発されるのを防ぐためとはいえ、これだけの有能かつ愛国者にはあまりにむごい仕打ち。

    非情に徹して冷酷狡猾な形で歴史の闇に葬り去っている。これによって長い目で見て国益が失われた面も多かったとは思います。

    • rekidora より:

      平成の愚禿様

      コメントありがとうございました。

      おっしゃる通りで、大久保さんは国のためにかなりの尽力をした一方で、
      目的のためなら手段を選ばない冷酷さもありましたね~

      江藤さんの件などは、本当に彼の黒歴史といっていいものです。

      紀尾井坂での最期も、多くの人びとからかなりの恨みを買っていた
      象徴のようなものでした。

      あのような時代ですから、彼のような偏った人物がいたからこそ
      日本は欧米の植民地にならないで済んだとの意見がある一方で、

      ご指摘のとおり多くの有能な人物も葬られ、長期的な国益を損なった
      との考えも成り立ちますよね~

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ