ひよっこ|柏木堂がビートルズでピンチに!息子はどうする?

 

朝ドラ『ひよっこ』では、すずふり亭のご近所の和菓子屋の

柏木堂がビートルズの来日公演をきっかけにピンチに陥ります。

 

実は「やり手」と思われる息子のヤスハルが、ビートルズの

来日公演の警備にあたる人たちの赤飯弁当を大量受注に成功します♪

 

と、そこまではよかったのですが、受けた数はなんと600個分で、

一郎とヤスハルの2人だけでお店を回している柏木堂の生産能力を

遥かに超える数を受注してしまっていたのです。

 

さすがに作り置きなんてできないですし、親子2人で三日三晩

寝ずで取り組んでも追いつかないことも判明。

 

お店の信用問題にも関わりますので、これは大ピンチです。

 

そんな一郎やヤスハルはこのピンチをどう切り抜けるのでしょうか?

 

 

柏木堂がビートルズでピンチに!息子はどうする?

 

スポンサードリンク

 

生産能力を遥かに超える数の弁当を受注してしまった

柏木堂ですが、一郎は商店街の人びとに気前よく

あんみつを振舞いはじめます。

 

もちろんすずふり亭や福翠楼もその中には含まれますから、

みね子たちもあんみつにありつけることになります♪

 

もう腹をくくったのかと思いきや、実は一郎やヤスハルの意図は、

周囲のお店に助け船を出してもらうことです。

 

特にすずふり亭にしろ、福翠楼にしろ食べ物を扱っていますから、

戦力になると踏んでのあんみつ攻撃です。

 

もちろんすずふり亭も福翠楼もご近所のお店のピンチを

看過することができませんから、弁当作りを快諾。

 

たまたまビートルズと同じ空気を吸うために上京していた

みね子の叔父の宗男までもが、弁当作りに加わります。

 

スポンサードリンク

 

とは言え、受注した弁当の数は600個と大量ですから、

宗男はなんと短期間部屋を借りているあかね荘の住人たちも

巻き込んで弁当作りに励むことになります。

 

そのため漫画家志望の啓輔と祐二のコンビやOLの早苗、

慶大生の純一郎までもが弁当作りに駆り出されることになります。

 

当事者たちは大変でしょうが、あかね荘の住人とすずふり亭や

柏木堂の人たちとのコラボはあまりありませんでしたから、

このあたりはとても興味深いですね~

 

こうして弁当作りは赤坂編のキャストを総動員して徹夜で

おこなわれ、無事に納期に間に合うことになります。

 

そればかりかこの機会を通じて宗男は、シェフの省吾や

純一郎たちとも打ち解けることになるので収穫も多いものに

なります。

 

また不愛想なヤスハルの態度もこれを契機に改まりそうですね~

 

すずふり亭やあかね荘総出で、柏木堂を助けるこのエピソードは

なかなか心あたたまるいい話になりそうです。

 

乞うご期待ですね♪

 

送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ