ひよっこ|漫画家コンビが遂にブレイク!衝撃作みねっことは?

 

朝ドラ『ひよっこ』では、あかね荘の住人の祐二と啓輔の

漫画家コンビが売れっ子になります!

 

周知の通り富山から上京して5年になる漫画家コンビは

みね子をモデルにした漫画「恋の初心者(ひよっこ)」を

執筆中ですが、一向に売れる気配はありません。

 

しかも先日は編集者に「ヒロインが地味すぎる」と指摘されるなど、

このままでは作品も日の目を見ることもなさそうです。

 

そんな漫画コンビですが、新たな作品「みねっこ」が売れて

人気漫画家となります!

 

 

漫画家コンビが遂にブレイク!衝撃作みねっことは?

 

スポンサードリンク

 

ドラマの舞台は最終週を迎える昭和43年(1968年)に、

漫画家コンビは「みねっこ」という作品でブレイクし、

編集者があかね荘まで原稿を取りに来るほどの

人気漫画家になります。

 

そして新作の「みねっこ」とは、みね子をモデルとしたヒロインを

さらに進化させ、21世紀の未来からやってきたタヌキ型ロボット

にしたものです。

 

言うまでもなくこの「みねっこ」のモデルは、現在では日本だけでなく

世界的に知られているキャラクターの「ドラえもん」です。

 

漫画家コンビは藤子不二雄を目指していますし、ドラえもんの連載開始も

昭和44年(1969年)ですから、「みねっこ」はオマージュといった

ところです。

 

いや~どこかで藤子不二雄の作品が登場すると予想していた

視聴者の方々も少なくはありませんでしたが、最後の最後で

「ドラえもん」を使ってくることになります。

 

ところがこの「みねっこ」を執筆するにあたっては、

漫画家コンビは当初しり込みして、その背中をみね子が押すという

経緯を辿ることなります。

 

スポンサードリンク

 

当初編集者からヒロインのキャラクターを魅力的にするために、

宇宙人あるいはロボットにすることを編集者から提案されますが、

それはあまりにみね子に失礼と考えた漫画家コンビはこの話を断ります。

 

そのためあくまでも「恋の初心者」のヒロインねね子のキャラクターで

通そうとするのですが、みね子はこれに反対します。

 

みね子はもはや地味とか盛り上がりに欠けるとか言われても

動じなくなっていますし、何より宇宙から来た女の子という

アイデアに興味を持つからです。

 

このあたりにも彼女の成長が見られるのですが、

その後押しもあって漫画家コンビはロボットのヒロインに

キャラクターを変更します。

 

それが最終的にブレイクを果たすことになりますが、

猫型ではなくタヌキ型ロボットというのも、

みね子にあやかったのですね♪

 

今作の『ひよっこ』では岡田作品らしく、主要登場人物にとって

軒並みのハッピーエンドとなりますが、漫画家コンビにも

このような春が訪れます。

 

衝撃作の「みねっこ」のキャラクターは現時点では不明ですが、

どんなものになるのか楽しみですね♪

 

送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ