ひよっこ|ビートルズが泊まった赤坂のホテルはどこ?

 

朝ドラ『ひよっこ』では、イギリスのロックバンド

「ザ・ビートルズ」が来日することになり、

熱狂的なファンである宗男も大いに盛り上がります。

 

このビートルズの来日公演は昭和41年(1966年)におこなわれた

当時の一大イベントであり、日本全国津々浦々にビートルズ旋風も

巻き起こしました。

 

宗男は居ても立っても居られずに、奥茨城村からビートルズと

同じ空気を吸うために上京してきます。

 

しかもビートルズが来日の際に宿泊したのは赤坂のホテルです。

 

そのため宗男はみね子の住むあかね荘の空き部屋を、

短期間借りることになります。

 

ますますビートルズとの距離が縮まる宗男ですが、

実際にビートルズが宿泊した赤坂のホテルは

どこだったのでしょうか?

 

ビートルズが泊まった赤坂のホテルはどこ?

 

スポンサードリンク

 

まず前提としてかなりの盛り上がりを見せたビートルズの

来日公演ですが、実は反対する声も少なくありませんでした。

 

当時は「ロック=不良」の雰囲気が濃く、武道館での公演も

「神聖なる武道の精神が汚される」と来日公演反対運動さえも

巻き起こります。

 

右翼を中心に反対の声が挙がりましたが、当時の読売新聞社の社主で

武道館の館長を務めていた正力松太郎も反対の立場を表明。

 

若者を中心とした歓迎派との議論はヒートアップして、

テレビで討論番組も放映されたほどでした。

 

結局は当時の読売新聞社・企画部の鈴木啓正氏の

「英国女王陛下から勲章をもらった芸術家に(武道館を)

貸してもらいたい」との口説き文句も功を奏して

武道館公演は実現します。

 

ところが今度は多くの一流ホテルがビートルズの受け入れを

拒否します。

 

スポンサードリンク

 

当初は日本を代表するホテルで、外国人の来賓などの常宿である

帝国ホテルやホテルオークラなどに打診しましたが、軒並み

「不良は泊められない」と拒否されてしまいます。

 

そのため最終的にビートルズが来日公演の際に宿泊することに

なったのが、東京ヒルトンホテル(後のキャピトル東急ホテル)です。

 

 

※現在のヒルトン東京とは無関係

 

このホテルは赤坂にあり、国会議事堂なども近かったので、

当時は政治家などが宿泊するホテルとして知られており、

外資系であったことから一流ホテルにも関わらず、

ロックバンドの宿泊に寛容な姿勢を見せました。

 

629日に来日したビートルズは、羽田空港からパトカーに

護衛されたリムジンで同ホテルに到着。

 

メンバーは最上階の10階の1005号室「プレジデンシャル・スイート」

に宿泊しました。

 

またクルーらも10階の部屋に宿泊して、9階以下は報道陣が

借り切るなど、まさにビートルズ一色となりました。

 

記者会見などもこのホテルでおこなわれ、73日に離日するまで、

ホテルに滞在しました。

 

 

ちなみに日本初の外資系ホテルであった東京ヒルトンホテルは、

昭和42年(1967年)に共同運営していた東急電鉄と契約条件を巡って

争いになって、ホテルジャパン東急へ改称。

 

昭和59年(1984年)からはキャピトル東急ホテルとなっています。

 

ただしその後もショーン・コネリーやマイケル・ジャクソン、

デヴィッド・ボウイなどの外国人の著名人が宿泊しています。

 

また老朽化によって平成18年(2006年)に当時の建物は取り壊されて、

平成22年(2010年)にザ・キャピトルホテル東急として

生まれ変わっています。

 

送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ