ひよっこ|ダイアナ歯磨きのモデルはライオン!

 

朝ドラ『ひよっこ』では、みね子はビートルズのチケットを

懸賞で当てるために、ダイアナ歯磨きを大量に購入して

応募することになります。

 

言うまでもなく、これは熱心なビートルズファンの宗男のための

行動ですので、何とかチケットを当てたいところですね♪

 

ところで他の記事でもご紹介しましたが、歯磨きを買って

ビートルズの来日公演のチケットを当てるキャンペーンは

実話です。

 

そしてドラマの「ダイアナ歯磨き」のモデルとなっているのが、

現在でも大手メーカーとして知られるライオンです。

 

 

ダイアナ歯磨きのモデルはライオン!

 

スポンサードリンク

 

当時のライオン歯磨きが「歯磨きを買ってビートルズを見よう」

というキャンペーンを開始したのが、昭和41年(1966年)の

5月のことです(抽選は621日)。

 

 往復はがきでの応募で抽選のみでの購入だったビートルズの

来日公演のチケットは20万通以上の応募があり、追加公演分も

含めても当選確率が1%未満というまさにプラチナチケットでした。

 

そのためライオン歯磨きでは歯磨き粉の「ダイアフッソライオン」

か制汗剤の「汗のお化粧バン」の空箱でビートルズの来日公演の

チケットを当てるという懸賞をおこないました。

 

当選人数は5000人ですべてA席(もっともいい席)だったことから、

応募が殺到して、みね子のように歯磨き粉や制汗剤を大量購入した人も

多かったようです。

 

スポンサードリンク

 

ドラマではシンプルに歯磨き粉のみの応募となるようです。

 

で、リアルのダイアフッソライオンは、昭和40年(1965年)

10月に発売された比較的新しい商品。

 

ライオン歯磨きは昭和23年(1948年)に日本初のフッ素入り

歯磨きの「ライオンFクリーム」を開発して大ヒット。

 

当時は株式会社小林商店という社名でしたが、この商品の

ヒットを受けてライオン歯磨き株式会社に改めて、

フッ素入りの歯磨きをバンバン売りはじめます。

 

フッ素は虫歯の発生を防ぐ効果が確認されており、現在でも

多くの歯磨き粉に配合されていますが、日本ではじめて着目したのが

ライオンでした。

 

商品も飛ぶように売れたことから、まさにフッ素入り歯磨きが

この会社を大きくしたわけですね~

 

そして懸賞の応募の対象商品だったダイアフッソライオンも、

同社の一連のフッ素入り歯磨きのひとつでした。

 

ところがその後はあまり売れなかったらしく、いつの間にか

姿を消しています。

 

昭和36年(1961年)発売の美白効果があるリン酸カルシウムを配合した

ホワイトライン」、同39年(1964年)発売の歯槽膿漏予防の

デンターライオン」などの大ヒット商品に比べて、

インパクトが弱かったようですね~

 

さらには昭和43年(1968年)には口臭予防効果のある

エチケットライオン」もロングセラーになりましたので、

ヒット商品に埋もれる形で姿を消してしまったようです。

 

インターネットで画像などを検索しても出てきませんので、

恐らくは短命に終わった商品のようです。

 

YOUTUBEに当時のテレビCMがありましたので、

ご紹介しておきます(画像は悪いです)

 

 

 

ドラマのみね子もひとりでは使い切れないほどのダイアナ歯磨きを

購入するようですが、果たしてビートルズのチケットは

当るのでしょうか?

 

熱狂的なビートルズマニアの宗男のためにも、

ぜひとも当選してほしいところですね♪

 

送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ