ひよっこ|みね子のすずふり亭の給料が判明!待遇はいい悪い?

 

朝ドラ『ひよっこ』では、みね子はすずふり亭での仕事にも慣れて、

お店の戦力にもなりました。

 

当初は生来の不器用さからウェイトレスの仕事もかなり危ぶまれましたが、

持ち前の前向きさで乗り越えたようです。

 

そんなみね子のすずふり亭での給料が判明。

 

向島電機時代と比べて減ってしまったようですが、当時の相場などと

比較してみるとどうなのでしょうか?

 

すずふり亭の待遇について調査してみました。

 

 

みね子のすずふり亭の給料が判明!待遇はいい悪い?

 

スポンサードリンク

 

みね子のすずふり亭での給料は1万円であることが判明しました。

 

向島電機時代は1万2000円でしたから、けっこうダウンして

しまいました。

 

ただし向島電機では税金や保険料、積立金などが差し引かれて、

手取りは6,000円。

 

すずふり亭は保険料や税金の差し引きがないので、家賃などを引いた

手取りは5,900円ですから、手取りの金額はほとんど変わりません。

 

またこれらの給与形態を考えると、みね子はすずふり亭の正社員ではなく、

アルバイトのような雇用形態ですね。

 

ただし時給制や日給制ではなく、月額固定制となっています。

 

で、すずふり亭の待遇がいいのか悪いのか、昭和40年ごろの東京都の

アルバイトの時給を調べましたが、資料は見当りませんでした。

 

ただし昭和40年代に東京都のアルバイトの時給の最低限度額が

200になったとの記載を見つけました。

 

スポンサードリンク

 

仮に時給200円で8時間労働、25日勤務とすれば月額4万円となり、

みね子の給料を大幅に上回ります。

 

しかし、昭和48年までは高度経済成長が続いて、同年のサラリーマンの給与は

昭和40年のそれとは約3倍になっており、昭和40年の時点では

時給200円ではないはずです。

 

では当時の公務員の初任給はといえば、昭和40年の大卒の上級職が

19,510円で高卒公務員は14,440円でした。

 

みね子は高卒ですから、高卒公務員と比較すればその差は4,410

 

しかもすずふり亭はまかないが1日2食もつきますから、それを考えると

実質的には高卒公務員の初任給とあまり変わらないように思えます。

 

しかも時給制や日給制でなく、固定制を採用していることも

働く者にとっては安心ですよね♪

 

また経営者の鈴子は「儲かったら、お給料をはずむ」とも言って

いましたので、臨時ボーナスのようなものもあるようです。

 

これらを総合的に考えてみれば、すずふり亭の給料や待遇は

そんなに悪くはないように思えます。

 

鈴子や省吾の人柄や日頃の行いなどに鑑みても、従業員を大切にしている

ようなので、いい職場なのでしょう。

 

と言うわけで、みね子のお店でのさらなる奮闘を期待しましょう!

 

送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ