ひよっこ|あかね荘の間取り見取り図!家賃は高いの安いの?

 

 朝ドラ『ひよっこ』で、みね子の新たな住まいとなるのが

あかね荘です。

 

大家の富をはじめとして住人たちは濃いメンバーですから、

ここで繰り広げられる人間ドラマにも期待です♪

 

そんなあかね荘はどのようなアパートなのでしょう?

 

間取りや家賃などの詳細をご紹介します!

 

あかね荘の間取り見取り図!家賃は高いの安いの?

 

スポンサードリンク

 

あかね荘は赤坂のすずふり亭の裏にある2階建ての木造アパート。

 

築年数などは不明ですが、それなりに年季の入っている物件のようです。

 

とは言え、色遣いや部屋の廊下側の窓の形などを見れば、建てられた当時は

けっこうモダンなアパートだったようにも思えます。

 

そんなあかね荘の間取りは次のようになっています。

 

 

1階のⅠ号室の住人の有無は不明ですが、ドラマで見る限り、Ⅱ号室が

久坂早苗、Ⅲ号室が新田啓輔(坪内裕二)、Ⅴ号室がみね子、

Ⅵ号室が島谷純一郎の部屋のようです。

 

※訂正

Ⅱ号室が空き部屋で、Ⅰ号室が久坂早苗でした

 

部屋はすべて風呂やトイレがない四畳半で、1階に共同炊事場と

トイレがあるつくり。

 

昭和30年代までに建築された木造アパートはあかね荘のように、

玄関共有、内廊下、風呂なし、トイレや台所共同が主流でした。

 

なのであかね荘は、当時としては一般的な間取りや構造

言えますね。

 

スポンサードリンク

 

そんなあかね荘の家賃は1カ月4000という設定。

 

これが高いのか安いのか調べてみましたが、意外にも昭和40年(1966年)

の東京のアパートの家賃の相場は不明でした。

 

同時期の東京で風呂トイレなしの四畳半の部屋が3000円だったとの

記載もありましたが、立地や築年数などが不明のことから

あまり参考にはならないですね。

 

とは言え、当時の東京の都営住宅の家賃の平均は7000

ということが判明。

 

これにはアパートのみならず、マンションも多く含まれているので

単純比較はできませんが、あかね荘の家賃は格安感を感じますね~

 

NHKの朝ドラの時代考証はしっかりやっていると思われますので、

あかね荘の月4000円という家賃も当時としては高過ぎず安過ぎず

といったところではないでしょうか?

 

ちなみに現在の東京でもあかね荘のような築50年以上で風呂なしで

トイレ共同、四畳半という物件は少ないながら残っています。

 

さすがに再開発が進んだ赤坂にはありませんでしたが、新宿区や中野区、

豊島区などに残っていました。

 

こちらは目白徒歩7分という物件ですが、家賃はなんと月27000円!

 

 

 

見た目はかなりの年季が入っていますが、未だに現役で頑張っているのは

すごいですね♪

 

ちょっと話しが脱線しましたが、ドラマのあかね荘をじっくりと

観察してみるのも面白そうですね♪

 

送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場

 

スポンサードリンク

 

2 Responses to “ひよっこ|あかね荘の間取り見取り図!家賃は高いの安いの?”

  1. みねこ より:

    久坂早苗がI号室だと思います
    炊事場の水道の蛇口からポタポタ水が落ちる音を気にするシーンもありましたよね

    • rekidora より:

      みねこ様

      初めまして、メッセージありがとうございます。

      おっしゃるように早苗は1号室ですね?
      島谷が高所恐怖症だと知って、
      部屋を替わるか?という話もしていましたし。

      誤りを直すのを忘れていました。
      ご指摘及びご拝読、ありがとうございます♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ