ひよっこ|真知子巻きってなに?米屋の娘さおりのスカーフ

 

朝ドラ『ひよっこ』では、久しぶりに再会したみね子と時子、

三男ですが、向島電機の倒産もあってテンションも上がりません。

 

みね子と時子に至っては、再就職などもあって正月に奥茨城村の

実家に帰省できなくなりますからなおさらですね。

 

そんな三人の久しぶりの再会ですが、米屋の娘のさおりが変装して

スパイしています。

 

真知子巻き風にスカーフを巻いて、サングラスをかけて顔を隠して

三人の会話に聞き耳を立てています。

 

やはりさおりは三男を気に入っているようですね~銀座の公園の時も

スパイしていました。

 

そんなさおりのスカーフの「真知子巻き」ってなんなのでしょうか?

 

真知子巻きってなに?米屋の娘さおりのスカーフ

 

スポンサードリンク

 

真知子巻きとは、スカーフやショール、ストールなどを頭から首にかけて

巻き付けるファッションのことです。

 

昭和28年(1953年)に大ヒットした映画「君の名は」の中で、

岸恵子さん演じる主人公の氏家真知子がストールを頭から

かぶるような巻き方をしていたことから、当時の若い女性の中で

大流行しました。

 

 

当時の雑誌によれば、銀座を歩く女性は10人に1人の割合で

真知子巻きにしており、いかに大流行していたかがわかりますよね?

 

スポンサードリンク

 

また映画「君の名は」は25047万円の配給収益を上げたほど大ヒットして、

昭和28年の映画配給収入ランキング2位を記録。

 

しかも1位も「君の名は第二部」だったことから、まさにこの年を席巻した

映画でした。

 

ドラマの舞台は昭和40年ですから、真知子巻きはさほど流行していなかったものの、

大ヒット映画へのオマージュといったところでしょうか?

 

ちなみに『ひよっこ』ではウェートレスのこぼした水にさおりが驚いて、

その存在が三男にバレそうになりますが、彼女はとっさに入店してきた

若い男性にすがりついて誤魔化します。

 

その際に「捨てないで。真知子はあなたなしじゃ生きていけないの」と

芝居をしますが、言うまでもなく映画「君の名は」で岸恵子さんが、

相手役だった佐田啓二さんに言ったセリフです。

 

伊藤沙莉さん演じるさおりもなかなかキャラが立っているので、

楽しみですね♪

 

送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ