ひよっこ|かずおさん(陰山泰)は何者?今後はどうなる?

 

朝ドラ『ひよっこ』で味のある演技を見せてくれているのが、

陰山泰さん演じる乙女寮の料理人の森和夫(かずおさん)です。

 

出番は少ないもののボソリと語るひと言が妙に的を得ていたり、

乙女寮のコーラス部の合唱の際にはアコーディオンで伴奏をします。

 

料理人にしてはなかなか料理以外の引出しも多いようで、

ネット上では「かずおさんは何者?」といった声もあがっています。

 

そんな和夫ですがアコーディオン以外の特技で、

再び視聴者を驚かせたりするのでしょうか?

 

また既報通り向島電機は倒産して乙女寮も閉鎖されてしまう

運命なのですが、彼の今後はどうなるのでしょうか?

 

 

かずおさん(陰山泰)は何者?今後はどうなる?

 

スポンサードリンク

 

現時点で判明している限り、和夫はアコーディオンの演奏以外は

特にこれといった特技はなく、料理人に終始することになります。

 

残念ながら和夫については、アコーディオン以上のものはないようですね~

 

また乙女寮の閉鎖が決まった後が、彼のハイライトとなります。

 

和夫にスポットが当てられる回があって、みね子たちはこれまで丹精込めて

食事を作ってくれた彼へ敬意を表して、みなで澄子の「んんめぇぇぇ!」を

大合唱することになります。

 

これには和夫も感動するようで、心なしか目も少し潤むようです。

 

さらには優子が帰郷する際に、乙女寮コーラス部の最後の合唱がおこなわれますが、

和夫の伴奏で「見上げてごらん夜の星を」を歌います。

 

スポンサードリンク

 

コーラス部の合唱はドラマに何度か登場して花を添えますが、その最後にも

和夫はしっかりとアコーディオンの伴奏をしてくれるはずです♪

 

みね子らコーラス部員たちは、この最後の合唱の際には感極まって

涙したりする感動のシーンになりそうなので楽しみですね。

 

みね子ら新入社員にとってはわずか8カ月あまりのコーラス部での

活動でしたが、心に残るものは大きいようです。

 

そして乙女寮の最後の晩餐を迎えることになりますが、

やはり最後のメニューはカレーライスになります。

 

みね子たち新入社員は入寮初日に和夫の作るカレーライスを食べて、

そのおいしさに驚きましたが、最後もカレーになるようです。

 

そして和夫は「別れが苦手」ということで、ひとりアコーディオンを背負って

乙女寮を去って行くことになるので、みね子らとの別れは描かれません。

 

まぁ~和夫らしい去り方ですが、どうやらこのあたりで彼はドラマから

退場するようですね。

 

もしかしたらドラマの後半に再登場するかもしれませんが、

乙女寮の閉鎖のタイミングでの退場が有力です。

 

とは言え、和夫の職場の食堂はコーラス部の練習などにも

よく使われることから、ドラマにはちょくちょく登場することになります。

 

そのうちに見納めも訪れてしまいますが、なかなか渋くて味のある

和夫の姿にも期待ですね♪

 

送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ