ひよっこ|省吾の娘の由香(島崎遥香)はアプレ娘!役どころ

 

朝ドラ『ひよっこ』では新キャストが発表され、元AKB48

島崎遥香さんが省吾(佐々木蔵之介)の娘の由香役で登場します。

 

島崎遥香さんと言えばアイドルグループAKB48でも人気メンバーでしたし、

2016年の紅白歌合戦をもって惜しまれながらもグループを卒業しました。

 

卒業後はドラマ「スーパーサラリーマン左江内氏」にいきなり起用されるなど、

今後は女優としての活動が中心となるようです。

 

しかも国民的な人気を誇るNHKの朝ドラへの出演ですから、

かなり注目されるでしょうし、本人も力の入るところ。

 

また由香の役は本来はありませんでしたが、オーディションでの島崎さんの演技から

生まれたということで、なかなか期待も高いキャラクターです。

 

そんな島崎さんが演じる由香についてご紹介します。

 

 

省吾の娘の由香(島崎遥香)はアプレ娘!役どころ

 

スポンサードリンク

 

島崎遥香さん演じる牧野由香は省吾のひとり娘で、鈴子(宮本信子)の

大切な孫です。

 

実は登場は物語の後半で、ドラマの前半では話の中でしか登場しません。

 

由香は結婚して嫁に行ったという設定ですが、鈴子らは彼女を

「アプレ娘」と呼んでいます。

 

「アプレ娘」とはアプレゲール(戦後派という意味)を略した言葉で、

終戦直後に流行した言葉です。

 

既存の価値観にとらわれない跳ね返りの若い女性のことを指しました。

 

スポンサードリンク

 

どうやら彼女は小さい時はかわいらしい少女でしたが、母親が亡くなったこと

がきっかけにワガママ放題になったようですね~

 

省吾も娘については多くを語りたくないらしいので、そのワガママぶりも

相当なようです。

 

すずふり亭の省吾や鈴子はここまでのやり取りを見ても、他人に対する

思いやりに溢れている好人物で、みね子や母親の美代子も相当お世話に

なっています。

 

しかしどうやら子育てに関しては失格のようで、娘はとんでもなく

ワガママなようですね~

 

またお嫁に行ったにも関わらず家出して東京に戻って来るばかりか、

省吾からお金をせびるようでかなりの問題児のようです。

 

しかしキャストの島崎さん曰く、初登場からみね子にイヤミを言う嫌な女ですが、

根はとってもいい子とのこと。

 

ドラマでも当初はかなりのワガママぶりを見せつけられますが、

最終的には成長するなり、省吾との親子愛も描かれるようですね~

 

島崎遥香さんの朝ドラ初登場と併せて、由香の登場も待ち遠しい限りです!

 

初回31日間無料!作品数・会員数No.1の動画配信サービス「dTV」

 

送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ