ひよっこ|時子は女優になれるの?かなりの苦労や困難が続く!

 

朝ドラ『ひよっこ』で、みね子の親友の時子(佐久間由衣)は

女優を目指して上京することになります。

 

向島電機に就職して女工を務めながら女優を目指すことになるのですが、

急きょ就職することになるみね子も合流しますから心強い援軍となります。

 

そんな時子ですが、果たして女優になれるのでしょうか?

 

ドラマ内でもけっこう大きなサイドストーリーとなるので、気になりますよね?

 

以前の空想シーンでは時子や三男、みね子が登場する映画のポスターが

登場しましたし、このあたりはどうなるのでしょうか?

 

 

時子は女優になれるの?かなりの苦労や困難が続く!

 

スポンサードリンク

 

向島電機に就職した後の時子は、夢を実現させるために

本格的に女優になるために動きはじめます。

 

当時女優になるには劇団や養成所に入るか新人オーディションを

受けて合格するのが一般的だったようですが、時子はまずテレビ局の

オーディションを受けることになります。

 

しかも受けるテレビ局はやはりNHK

 

みね子らの前で模擬オーディションをして準備を整え、時子はNHK

向かいます。

 

オーディションの日は乙女寮の寮生全員がサプライズで時子の応援をして、

彼女も感動するとともに絶対に女優になると決意を強くします。

 

控室でこわばる時子に、みね子は高校の文化祭での彼女の名演などを話して

自信を持たせます。

 

そんな中、時子はオーディション会場に向かいます。

 

スポンサードリンク

 

で、オーディションの結果はと言えば、やはり不合格でした。

 

普段は自信にあふれているように見える時子ですが、どうやら

本番に弱い性格で、緊張のあまりセリフ読みで声が震えて裏返り、

ことごとくなまってしまってあえなく落選となりました。

 

さすがに当時も女優なんて簡単になれるものではありませんから、

ドラマでも彼女の苦難が描かれることになります。

 

時子はこの出来事に大きなショックを受けるのですが、それを励ますのが

みね子と三男です。

 

憔悴する時子のためにみね子が三男にこっそり手紙を書いて、

励ますことになるのです。

 

これによって時子は再び前を向くのですが、このあたりのエピソードは

かなり微笑ましいものになりそうですね♪

 

そしてその後は時子は劇団に入って、仕事が終わった後に稽古に励むことに

なります。

 

このように夢に向けて奮闘する時子ですが、最終的に女優になれるかどうかは

現時点では不明です。

 

このあたりはドラマの後半の大きな見せ場になるようで、もしかしたら現時点では

結末も決まっていないのかもしれません。

 

考えられる流れとしては、苦労を重ねて遂に女優になることができるとか、

あるいは女優になることは諦めますがそれ以上に大切なものを見いだす

などになりそうですね~

 

原作や史実の裏付けがないのでこのあたりはどのように転ぶかはわかりませんが、

いずれにしても時子は夢を叶えるためにまい進しますし、みね子や三男の

幼なじみも全力でそれを応援することになります。

 

このあたりは楽しみですね♪

 

初回31日間無料!作品数・会員数No.1の動画配信サービス「dTV」

 

送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ