ひよっこ|聖火リレーは本当の話で実話!モデルは里見村でなく里美村

 

朝ドラ『ひよっこ』では、三男が言い出した奥茨城村の

聖火リレーの実現に向けてみね子や時子たちも動き出しました。

 

奥茨城村は架空の村ですが、聖火リレーは水戸までしか来ないことから、

村に住んでいた記憶を残すためにも手作りの聖火リレーをおこなおう

という企画です。

 

その後は三男の兄の太郎が団長を務める青年団を巻き込んで、

紆余曲折ありながらも奥茨城村の聖火リレーは実現することになります。

 

ところでこのエピソードの下敷きになった自治体の聖火リレーは、

実話なのでしょうか?

 

 

聖火リレーは本当の話で実話!モデルは里見村でなく里美村

 

スポンサードリンク

 

まずドラマの下敷きになっている聖火リレーは、当時の里美村

おこなわれたものをモデルにしており実話です。

 

これは番組のチーフプロデューサーの菓子浩さんが、ネタバレをしています。

(当時の記録は見つかりませんでしたが)

 

脚本担当の岡田惠和さんと当時の資料や写真を探していたところ、

実際にこの村でおこなわれた村を挙げての聖火リレーの写真を見つけて

脚本に盛り込んだとのこと。

 

なおネット上ではモデルの村を「里見村」とするものがありますが、

こちらは千葉県にかつてあった村で、東京オリンピックのあった

10年前の昭和29年(1954年)に既に消滅していますので誤りです。

 

正しくは茨城県の「里美村」ということです。

 

スポンサードリンク

 

とは言え、実際にオリンピックイヤーで沸いたこの年は、日本各地の地方の

お祭りなどで聖火リレーがおこなわれたようです。

 

また学校の体育祭などでも聖火リレーを模した競技をおこなったところもあり、

まさに至る所で手作りの聖火リレーがおこなわれていたようです。

 

そして公式のオリンピックの聖火リレーは99日から109日まで1カ月に

わたっておこなわれ、地上リレーの総距離は6,755km4,374区間)で

10713人もの走者でおこなわれた壮大なものでした。

 

鹿児島、宮崎、千歳(北海道)の4起点(千歳は2コースの起点)から、

全国のすべての都道府県をランナーが駆け抜けました。

 

ドラマ内で描かれている公式の聖火リレーは第4コースにあたり、

ルートは次の通りでした。

 

北海道青森岩手宮城福島栃木茨城千葉東京

 

ランナーは栃木の結城市から茨城県内に入って来て、下館市、

笠間市を経て水戸市に到達。

 

以降は千葉方面に南下しており、ドラマにも描かれたとおり、

奥茨城村がある県北部は見事に迂回されています。

 

モデルとなった里美村でもこのような事情もあったことから

手作りの聖火リレーをおこなったのかもしれませんね。

 

いずれにしてもみね子らのリレーでの奮闘を期待しましょう!

 

初回31日間無料!作品数・会員数No.1の動画配信サービス「dTV」

 

送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ