ひよっこ|安部さおり役の伊藤沙莉って誰?米屋の娘

 

朝ドラ『ひよっこ』では、三男(泉澤祐希)が上京後に就職するのは

日本橋の外れにある個人の米屋の安部米店です。

 

このお店は店主の安部善三(斉藤暁)とその娘のさおり(伊藤沙莉

しかいませんが、この親子はなぜか仲が悪く、一緒にいたくないという

濃いキャラクターのようです。

 

しかも三男は彼らの板挟みになってしまうようですから、

このあたりも見ものですね~

 

そんな安部親子の娘のさおりはかなり強烈なキャラクターになりそうです!

 

キャストの伊藤沙莉さんとともにご紹介します。

 

 

安部さおり役の伊藤沙莉って誰?米屋の娘

 

スポンサードリンク

 

伊藤沙莉(いとう さいり)

 

 

1994年5月4日生

身長152㎝

 

伊藤沙莉さんは子役出身の女優さんで、演技未経験の9歳で出演した

ドラマ「14か月~妻が子どもに還っていく」の演技でいきなり注目

されました。

 

その後も「GTO」や「ラストコップ」などの多くの作品に出演し、

2015年の「トランジットガールズ」では主演も務めています。

 

伊藤沙莉さんは誰? という方に動画をご紹介します。

伊藤さんはかなりしっかりした女優さんのようですね~

演技にも定評がありますから登場が楽しみです。

 

そんな伊藤さんが演じるのが安部さおりです。

 

安部さおりは前述したように父親の善三とはソリが合わない

ばかりか、かなり気も強いようで不機嫌な時には

思いっきり顔に出てしまうキャラクターのようです。

 

そのため三男もかなり彼女に振り回されることになるようですが、

さおりはいつしか素直な三男に好意を持つようです。

 

確かに彼は純朴ではありますが、爽やかで素直ですし、思いやりがあり

気遣いもできる好青年。

 

安部米店で住み込みで働いていますから、同じの屋根の下にいるさおりに

恋心が生まれても不思議ではありませんね。

 

ところがさおりはかなりの行動派で、思いもよらぬ行動に走ることになります。

 

スポンサードリンク

 

さおりがおこなうのは何とスパイです。

 

三男はちょくちょく高校の同級生のみね子や時子と会うのですが、時として

さおりはこっそりと彼らのやり取りを窺っています。

 

もちろんその過程で三男が時子に好意を持っていることを知ることになりますが、

彼女は決してめげないようです。

 

三人が喫茶店で会う時にはサングラスをかけてスカーフを真知子巻きに巻いて

顔を隠すように変装。

 

その上で、三人のやりとりを盗み聞きしようとします。

 

その際に三男が「米屋の婿養子なんて日陰過ぎる人生だ」と言ったことを聞くと

激怒して喫茶店を去っていきます。

 

もちろん三男らはさおりには気づかないのですが、なかなか面白そうなシーンに

仕上がりそうですね♪

 

さおりはかなりの行動派ですし、気も強いようですから、時子に想いを寄せる

三男にとってはかなりの「強敵」となりそうです。

 

また父親の善三も本気で彼を婿養子にと言い出しそうですから、父親のほうも

手ごわそうですね~

 

いずれにしても三男が就職することになる安部米店の親子は、

ともになかなかのユニークなキャラクターになりそうです。

 

その登場も待ち遠しいですね♪

 

初回31日間無料!作品数・会員数No.1の動画配信サービス「dTV」

 

送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ