ひよっこ|三男(みつお)の就職先は安部米店!キャラがすごい!

 

 朝ドラ『ひよっこ』では、三男(泉澤祐希)が時子やみね子らと

ともに集団就職で上京します。

 

みね子と時子はともに向島電機に勤めることになりますが、

三男はただひとり個人商店の安部米店に勤めます。

 

このあたりはちょっと淋しいですし、みね子らに比べて登場回数も

限られてしまいますが、同じ東京に住んでいますので、

ちょくちょく3人で会うことになるので安心ですね~

 

ところで三男が就職することになる安部米店ですが、

なかなかぶっ飛んだキャラクター揃いの米屋です!

 

 

三男(みつお)の就職先は安部米店!キャラがすごい!

 

スポンサードリンク

 

まず三男が就職する安部米店ですが、実はかなりの零細企業で

従業員は三男しかいないという驚きの展開。

 

そのため彼は重い米袋を運んだり、米の仕分けに苦労したり、

伝票と格闘したりとかなりの奮闘をする模様です。

 

そして安部米店のメンバーですが、店主の安部善三とその娘の

安部さおり(ともにキャスト未発表)のふたりのみ。

 

どうやら善三の妻でさおりの母にあたる人物は、既に亡くなっている設定のようです。

 

しかもこのふたりはなぜか仲が悪く、ともに一緒にいたくないという妙な親子です。

 

食事ひとつを対立しているようで、家業が米屋にも関わらずパン派のさおりと

米派の善三の板挟みになって、三男はどちらを支持するのか問い詰められる始末。

 

そのおかげで彼はパンに味噌汁という奇妙な組み合わせの朝食を食べることに

なりますし、挙句にはパンにタクアンを載せて食べることにもなります。

 

また三男が帰省する際には、善三とさおりは二人きりになりたくないので、

いっそ奥茨城村までついていくとの話が持ち上がるほどの無茶ぶりです。

 

スポンサードリンク

 

こんな善三とさおりですが、基本的にはいい人のようで、三男を

大切にしてくれます。

 

さらにさおりは愛想がなく不機嫌なことも多いのですが、三男に対して

好意を抱くようですし、善三も彼を婿養子にと考えるようです。

 

三男は以前から時子に対して好意を持っていますから、このあたりは

有難迷惑になるでしょうし、ひと騒動も起こりそうな展開ですね♪

 

いずれにしても上京して就職する三男ですが、濃いキャラの親子に

挟まれながらも元気に仕事をしていくようです。

 

彼の頑張りにも期待しましょう!!

 

初回31日間無料!作品数・会員数No.1の動画配信サービス「dTV」

 

送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ