ひよっこ|田神学先生(津田寛治)の役どころ

 

朝ドラ『ひよっこ』では、ヒロインのみね子(有村架純)や

時子(佐久間由衣)らの担任の先生が田神学(津田寛治)です。

 

田神先生はどうやら厳しさを兼ね添えた古風な先生で、

生徒を叱る時はビシッと叱る先生のようです。

 

その反面、優しさも持っており、みね子たにとっては頼りになる

先生のようですね~

 

そんな田神先生の役どころやキャストの津田寛治さんをご紹介します。

 

田神学先生(津田寛治)の役どころ

 

スポンサードリンク

 

津田寛治(つだ かんじ)

 

 

1965827日生

身長173

 

田神学のキャストの津田寛治さんは映画俳優を目指して小劇場の

劇団員として活躍していましたが、アルバイト先の喫茶店に

北野武監督が来店した際に自らを売り込んで映画デビューしたという

経歴の持ち主です。

 

温厚そうなタイプですが、なかなか行動派のようです。

 

以降は数え切れないほどのドラマや映画に出演しており、

代表作は「警視庁捜査一課9係シリーズ」や「花嫁のれんシリーズ」。

 

NHKの朝ドラには「あまちゃん」以来の出演ですが、前回は審査員役で

登場場面も少なかったことから、役名がちゃんとついてある程度のセリフが

あるのは、今回がはじめてです。

 

津田寛治さんは誰? という方に以前出演したCMの動画がありましたので

ご紹介します。

 

スポンサードリンク

 

けっこう前のCMですが、覚えている方も多いかと思います。

なお、部下の軽そうなサラリーマンを演じているのが津田さんです。

 

 

津田さんはほとんどの出演が脇役ですし、非常に多くの映画やドラマに

出演をしていることから、かなりの役柄を演じ切れる役者さんです。

 

で、今回の田神学の役どころですが、ヒロインのみね子は父が失踪してしまい、

急きょ上京して就職をすることになります。

 

当初は実家の農家を手伝うつもりでしたから就職活動などはしておらず、

そのために彼女の事情をくんで就職先を見つけるために奔走するのが

田神先生です。

 

また集団就職で上京する際にも、みね子たちを東京まで引率して

激励して送り出してくれるようです。

 

普段は厳しいながらも、しっかりと生徒に愛情を注いでくれる

熱血漢の先生のようですね。

 

芸達者な津田さんが田神先生をどのように演じるかは楽しみですね♪

 

初回31日間無料!作品数・会員数No.1の動画配信サービス「dTV」

 

送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ