ひよっこ|バスの車掌(益子次郎)役の松尾論って誰?

 

朝ドラ『ひよっこ』では、ヒロインのみね子(有村架純)たちが通学のために

乗るバスの車掌として益子次郎(ましこじろう)が登場します。

 

奥茨城村から町に出る唯一の手段がこのバスですから、様々な出会いや別れが

ありそうです。

 

それを優しく見守っているのが益子で、ほとんどの村人たちと顔なじみで、

あちこちの家庭の事情に精通しており、乗客たちの会話にもたびたび加わる

といいますから、なかなか楽しみなキャラクターです。

 

そんな益子を演じるのが松尾諭さん。

 

様々なドラマや映画に出演しているベテラン俳優ですが、こんな人です!

 

バスの車掌(益子次郎)役の松尾論って誰?

 

スポンサードリンク

 

松尾諭(まつお さとる)

 

 

1975127日生

身長176.5

 

松尾さんは関西の名門私大の関西学院大学出身ですが、

役者を志して中退。

 

道で拾った航空券を落し物として交番に届けたことがきっかけで、

芸能事務所への所属が決まります(落とし主が事務所の社長だった)

 

下積みが長く、同じ事務所の井川遥さんの付き人なども経験しています。

 

スポンサードリンク

 

映画「亡国のイージス」やドラマ「電車男」に出演後、

SP警視庁警備部警護課第四係」で主要SPを演じて注目されます。

 

その後は大河ドラマの「天地人」や映画「テルマエ・ロマエ」、

「進撃の巨人」、「シン・ゴジラ」などの話題作に多数出演。

 

NHKの朝ドラへの出演は、「てっぱん」に続いてこれが2回目です。

 

松尾諭さんは誰? という方に出演したCMがありましたのでご紹介します。

 

 

いや~「どっかで見た顔?」と思った方は少なくないですよね~

松尾さんはこの2、3年はかなりの数の映画やドラマに出演していますから、

どこかで見ているはずです。

 

そんな松尾さんは『ひよっこ』の役作りでイメージしたのが、

「となりのトトロ」の猫バスだそうです。

 

当時のバスは憩いと交流の場ということで、みね子らのやりとりを聞きながら、

バスの内外の出来事なども暖かく見守っていくように演じたとのことです。

 

ベテランだけあって安定感のある演技でしょうから、益子次郎のキャラクターにも

注目ですね!

 

初回31日間無料!作品数・会員数No.1の動画配信サービス「dTV」

 

送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ