あさが来た|吉岡里帆の田村宜(たむらのぶ)のモデル井上秀はすごい人だった!

 

朝ドラ『あさが来た』では、あさの娘・千代が京都の白川女学校

入学しましたね。

 

そして女学校の寄宿舎で同室となったのが、吉岡里帆さん演じる田村宜です。

 

宜はメガネを掛けていて、何だかがり勉タイプですね~

千代も「感じ悪い」と嘆いていました。

 

しかしこの宜こそ、後に教育者となる白岡あさの後継者となるばかりか、

あさの商売をも精力的にサポートすることになります。

 

まさにあさにとってなくてはならない人物となる宜ですが、

そのモデルとなったのは井上秀です。

 

以前の記事でざっくりと秀の説明をしましたが、今回はまとめてみました!

 




 

井上秀

 

吉岡里帆の田村宜のモデル井上秀はすごい人だった!

 

スポンサードリンク

 

井上秀は明治8年(1875年)に京都で生まれます。後に女学校で広岡浅子の娘の

亀子(千代のモデル)と同級生になりますが、年齢は秀のほうが一つ上です。

 

幼いときから利発で知られていた秀は、十歳で氷上高等小学校へ入学します。

 

ちなみにその高等小学校には男子が50人もいたにも関わらず、

女子は3人だけという有様でした。

 

まさに「女子に教育は有害無益」と言われていた時代だったことから、

秀もそれを肌で感じていたでしょう。

 

しかしその高等小学校の女性教員・今井まき子の言葉が、

秀のその後の人生に大きな影響を与えます。

 

まき子は秀に「女に学問がいらないというのは古い考えです。

これからは女性も大いに勉強して、国家に尽くす人にならなければいけません」

と言いました。

 

その言葉を信じて秀は、関西でも評判の女学校だった京都府高等女学校

進学することになります。

 

そこで知り合った亀子のつてで、秀は浅子と会うことになりますが、

女学生にも関わらず臆することなく自分の意見を言う秀を浅子は非常に気に入ります。

 

その後、女学校を卒業した秀は加島屋に住み込みで働くことになり、

浅子の秘書を務めました。

 

既にその頃の浅子は女性実業家として知られていましたから、

そのもとで学んだことは秀にとって大きな財産になったはずですね~

 

その後明治28年(1895年)に弟が亡くなってしまい、

秀は家業を継ぐために婿養子をとって結婚します。

 

加島屋を辞めることになりますが、浅子は秀をサポートします。

 

スポンサードリンク

 

明治32年(1899年)に長女を出産した秀ですが、明治34年(1901年)に開学した

日本女子大学校へ入学し、子育てをしながら学問を続けました。

 

日本女子大学校卒業後は、同大学校の同窓会である桜楓会の初代幹事長にも就任し、

大学の経営にも関わります。

 

そして明治41年(1908年)には広岡家の援助もあって、秀はアメリカの

コロンビア師範大学シカゴ大学へ留学し、家政学や経済学、

婦人問題などを研究しました。

 

帰国後は日本女子大学校の教授を務める傍ら、浅子の講演会などにも協力します。

 

朝ドラ「花子とアン」の原案本の「アンのゆりかご」にも秀は登場し、

村岡花子は軽井沢の夏期講習で秀の「アメリカの婦人問題」の講義を

受けたことが記されています。

 

そして秀は浅子の死後の昭和6年(1931年)に渋沢栄一の跡を継いで、

日本女子大学校の第四代目校長に就任し、これを戦後の1946年(昭和21年)まで

長きに渡って務めます。

 

秀は昭和38年(1963年)に88歳で亡くなりますが、生前の浅子が

実の娘の亀子以上に手塩にかけて育てた女性と言えるでしょう。

 

このような井上秀の経歴ですが、言葉が出ないほどすごいですね。

 

いったんは家を守るために結婚しながらも、その学習熱は衰えず、

母親となってから日本女子大学校に入学していますし、

 

その後は子持ちにも関わらず、アメリカに留学までしているのは驚きです。

 

当時は妻の務めは家を守ることと考えられていたので、このような秀の行動は

周囲からは奇異に見られたはずですし、数多くの逆境にも直面したはずです。

 

そんな中でも、秀は浅子の期待に応えて、日本の家政学の発展に大きく貢献

することになります。

 

広岡浅子はもちろんですが、この井上秀という人物にも頭が下がる思いです。

 

ドラマでは不愛想な登場の宜でしたが、今後はどのように成長していくか

楽しみですね♪

 

(PR)

便秘や基礎代謝でお悩みの方必見!期間限定お試し価格でのご提案です

「自信あり」とのことで初回のみでの解約も可能です。一読の価値はありそうです

 

送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場

 

スポンサードリンク

 

2 Responses to “あさが来た|吉岡里帆の田村宜(たむらのぶ)のモデル井上秀はすごい人だった!”

  1. 山田初枝 より:

    楽しんで見ています。
    井上秀は、私の先輩(女学校)になります。丹波市の出身です。
    日本女子大関係ですので、史実にもとずきお願いします。

    • rekidora より:

      山田初枝様

      コメントありがとうございます。
      秀さんと同じ学校ですか~伝統ある学校は偉大なOGがいて羨ましいです♪

      ドラマでも女子大学校に関しては比較的史実に沿って再現していますね~
      いつもご覧いただきありがとうございます!!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ