わろてんか|お夕(中村ゆり)のモデルと役どころ!三角関係も

 

朝ドラ『わろてんか』では、中村ゆりさん演じる

お夕が登場します。

 

中村さんは映画「パッチギ!」でブレイクし、

これまで数多くの作品に出演してきた演技派女優。

 

NHKの朝ドラへの出演は「おひさま」、「梅ちゃん先生」、

「花子とアン」に引き続いてこれが4回目です。

 

そんな中村さんが演じるお夕のモデルや役どころなどを

ご紹介します。

 

 

 

 

お夕の役どころは?

 

スポンサードリンク

 

中村ゆりさん演じるお夕は、落語家・団真(北村有起哉)の妻です。

 

団真は超売れっ子の落語家としてドラマに登場する月の井団吾

(波岡一喜)の兄弟子で、先代の団吾はお夕の父親という関係。

 

しかも団真とお夕は結婚するために駆け落ちし、

あげく先代の団吾から団真は破門されています。

 

結局は団真とお夕は旅回りをして地方の寄席に出演して

細々と暮らしています。

 

また売れっ子の団吾のマネをすれば儲かることから、

団真はニセ団吾を演じ続け、酒浸りとなってしまいます。

 

こんな訳あり夫婦のふたりですが、事情があって大阪に逃げてきて、

てんや藤吉と関係を持つに至ります。

 

さらには元弟弟子の団吾とも再会しますが、

お夕は彼の初恋の人だったという複雑な関係。

 

団真が落語家として再び大きな挫折に直面して

お夕を突き放すため、彼女は団吾の別邸に身を寄せるという

言わば「三角関係」に陥ります。

 

まさに団真とお夕の夫婦関係は崩壊寸前ですが、

ここでてんが介入し「元さや」に戻していくあたりは

大きな見どころとなります。

 

実際に団真とお夕はお互いを嫌いになったわけではないので、

お夕の愛情によって団真が落語家として再起する様も注目ですね。

 

お夕のモデルは?

 

スポンサードリンク

 

お夕に明確なモデルはなく、ドラマオリジナルのキャラクター

でしょう。

 

ただし月の井団吾のモデルとなっている初代桂春団治

「後家殺し」のエピソードが多分に参考になっているはずです。

 

他の記事でもご紹介しましたが、春団治は「爆笑王」として

戦前の上方落語界のスーパースターでした。

 

(初代桂春団治)

 

しかし長年苦労をかけてきた妻のトミとは39歳だった

大正6年(1917年)に離婚して、11歳も年上の

薬種問屋の未亡人の岩井志うと再婚しています。

 

しかも再婚にあたり志うは35万円もの大金を持参しており、

春団治は金目当てで彼女と再婚したと噂されました。

 

そのため以降は春団治は「後家殺し」の異名もとって、

高座などではたびたびヤジられることになります。

 

しかし春団治のほうはどこ吹く風で、「あんたらにも

後家の殺し方教えまひょか?」などと切り返して、

大いにウケたと言われています。

 

このあたりは春団治の「爆笑王」としての実力をも感じさせる

エピソードですね♪

 

どうやらこのような史実があったことから、ドラマの人妻でもある

お夕を巡る三角関係が創作されたようにも思えます。

 

とは言え、NHKの朝ドラですから、結末はお約束の

「覆水盆に返る」となるはずです。

 

お夕と団真の夫婦再生にも注目ですね!

 

送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場

 

スポンサードリンク

 

2 Responses to “わろてんか|お夕(中村ゆり)のモデルと役どころ!三角関係も”

  1. blank より:

    たぶん中村ゆりさんの写真じゃない
    木村文乃だ

    • rekidora より:

      blank様

      はじめまして!
      あら~本当ですね…木村さんの写真でした。

      わざわざご連絡と拙文のご拝読には感謝いたします。
      つくづく読者の方々に支えられていることを感じました♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ