ひよっこ|回想シーンが多い?脚本家はダウン倒れた?

 

朝ドラ『ひよっこ』は、94日に無事にクランクアップしました。

 

ヒロインを務めた有村架純さんも大粒の涙を流して号泣し、

作品を「私の宝物」と表現していました。

 

ところで話題は変わりますが、8月あたりからドラマでは

やたらと回想シーンが増えていませんか?

 

挿入の仕方も工夫されており、共感できるシーンも多いのですが、

ドラマは既に終盤に差し掛かっています。

 

いつもの朝ドラのパターンですと、8月くらいからはけっこうな

スピードで物語が転がっていくのですが、今回の「ひよっこ」の

リズムはちょっと違う感じがします。

 

ツイッターなどでも「シーンは感動できるけど、物語の内容が薄い」

などの声も挙がっています。

 

さらには脚本家がダウンして台本が遅れているとの

報道もありました。

 

このあたりはちょっと気になるところです。

 

 

回想シーンが多い?脚本家はダウン倒れた?

 

スポンサードリンク

 

前記の報道ですが、写真誌「FLASH」の95日号で

「台本が遅れ、現場は大混乱 有村架純が悲鳴!

「ひよっこ」脚本家ダウン」と報じています。

 

この雑誌の内容は確認していませんが、4月スタートの朝ドラは

おおむね8月の半ば過ぎごろまでにはクランクアップしています。

 

それが今回の『ひよっこ』では9月上旬にまでズレ込んでいる

ことから、恐らくは雑誌の報道に間違いはなさそうに思えます。

 

さらには当初は828日に発売予定だったノベライズ

(脚本を小説化したもの)の下巻の発売も、99日発売予定と

大幅にズレ込んでいるようです。

 

これらを総合的に考えても、やはり脚本担当の岡田惠和さんに

何かあったようで、急きょ回想シーンを増やして対応している

と思われます。

 

そのため8月くらいからやたらと回想シーンが増えたのでしょう。

 

スポンサードリンク

 

また本来描かれる予定のシーンが割愛されたこともあって、

以降の放送分の台本の書き換えなどもおこなわれたようです。

 

異例のクランクアップの遅さなどを考えても、

シーンの撮り直しなどもあったのでしょう。

 

とは言え、作品は無事にクランクアップしていますし、

脚本担当の岡田さんもこれが三度目の朝ドラ執筆です。

 

岡田さんの体調面は心配ですが、朝ドラを知り尽くしている

ベテランだけに、予想もできないハプニングに襲われても

きっとうまくまとめてくるでしょう。

 

ドラマの残りは少なくなってきましたが、クライマックスへ向けて

期待も高まりますね♪

 

送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ