ひよっこ|杦谷堂(すぎたにどう)の特製茶漬けのモデルは?みね子のCM

 

朝ドラ『ひよっこ』では、みね子がテレビCMに出演するという

驚きの展開となります。

 

すずふり亭の常連客のテレビプロデューサーからの懇願で、

急きょみね子に白羽の矢が立つようです。

 

恐らくは当初の出演者が急な事情で出演できなくなったなどが

原因でしょうが、父親の実にその姿を見せるためにも、

みね子はCMに出演することになります。

 

ところで彼女が出演するのは杦谷堂(すぎたにどう)の

特製茶漬けCMです。

 

どうやらCMにはもうひとり女優(?)のような人物がおり、

商品の主な説明はその人がしますが、みね子は出来上がった

茶漬けを持って決めゼリフのようなものを言うようですね。

 

そんな杦谷堂の特製茶漬けのモデルは、どこのメーカーの

茶漬けなのでしょうか?

 

 

杦谷堂(すぎたにどう)の特製茶漬けのモデルは?みね子のCM

 

スポンサードリンク

 

どうやら杦谷堂の特製茶漬けは、インスタント茶漬けのようです。

 

インスタント茶漬けは昭和27年(1952年)に後の永谷園が開発して、

「お茶漬け海苔」として販売。

 

当初は割高感があったせいかセールスは伸び悩みますが、

後にロングセラーとなって大ヒットした商品です。

 

 

もちろん他のメーカーも次々に市場に参入して、現在では様々なイ

ンスタント茶漬けが販売されています。

 

で、昭和40年代前半に全国的にインスタント茶漬けを販売していた

主なメーカーを調べたところ、次のようになりました。

 

スポンサードリンク

 

永谷園

山本山

丸美屋

白子のり

 

そして昭和40年代に、積極的にテレビCMを制作していたのは、

永谷園山本山のようです。

 

丸美屋も昭和50年代にテレビCMを流しはじめたようですが、

インスタント茶漬けではなく主にふりかけです。

 

また山本山のCMは「上から読んでも山本山、下から読んでも山本山」

のフレーズで有名ですが、当時は海苔とお茶のCMがメインで、

インスタント茶漬けのCMは後年になってからです。

 

とすればドラマの杦谷堂の特製茶漬けのモデルは、時代背景に沿う

ならば永谷園「お茶漬け海苔」が有力ということになるでしょう。

 

ただし同社は早い段階からCMに芸能人を起用する戦略

(北島三郎さんらが有名です)をとっていたので、

ドラマのようなCMを作ったかは甚だ疑問です。

 

そのため、恐らくは杦谷堂の特製茶漬けのモデルは存在せず、

ドラマオリジナルのようなメーカーの気もします。

 

ちなみに現在では多くのメーカーが発売しているインスタント茶漬け

ですが、当時も今も永谷園のシェアが圧倒的で、およそ8割に及ぶ

とされています。

 

ドラマではみね子がいきなりCMに出演するという驚きの展開

となりますが、これによって女優の川本世津子との関係を深め、

さらには父親の実にも再会することができるようです。

 

かなり重要なエピソードとなるようですから、注目ですね♪

 

送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ