べっぴんさん|栄輔がファッション評論家に!石津謙介のその後が凄かった!

 

朝ドラ『べっぴんさん』では、エイスを倒産させてしまって

浪人生活をおくっている栄輔ですが、ファッション評論家として

再起することになります。

 

潔が立ち上げるオライオンの紳士服ブランド「メンズオライオン」の

販促のために、栄輔は「男の着こなし講座」で講師を務めることに

なります。

 

一時は時代の寵児だった彼ですから、多くのエイスやアイビーのファンも

駆けつけることになり、マスコミの注目を集めることになります。

 

またカリスマ性も備えて、マスコミウケもする彼ですから、その後は

講演依頼や取材も殺到することになります。

 

そのため今後はファッション評論家に転身して、講演や執筆活動を

展開することにもなります。

 

経営者としては会社を潰してしまいましたが、評論家として再出発する

栄輔の前途も開けてきました。

 

そしてこれはモデルとなったVANの創業者の石津謙介が辿った道でもあります。

 

しかもデザイナーとしては超一流でしたし、評論家としても高い人気を誇りました。

 

 

栄輔がファッション評論家に!石津謙介が凄かった!

 

スポンサードリンク

 

まずVAN時代の石津の功績は周知のとおりですが、昭和30年代前半までの

日本では男性ファッションに「オシャレ」という概念そのものがなかった

と言っても過言ではなく、そこに一石を投じた石津の評価は非常に高いものです。

 

彼がいなければ日本のメンズファッションは30年は遅れていたとも言われ、

長きにわたり「メンズファッションの神様」と称されていました。

 

また「TPO」という言葉を生み出したことでも知られ、VANでは昭和30年代に

「プレミアム」や「キャンペーン」という用語を使用していたと言いますから

かなりの先見の明ですね♪

 

昭和53年(1978年)のVAN倒産後はしばらくは意欲を失っており、

尾上清の口利きによってレナウンの紳士服ブランド「ダーバン」のア

ドバイザーを務めますが、これは多分に尾上からの経済援助の意味合いが

強かったと思われます。

 

しかし69歳になった昭和55年(1980年)から本格的に再起して、

デザイナーとして活動しはじめると、かつて顧問契約をしていた

帝人やクラボウが再び石津を起用しました。

 

彼はデザイナーとしては一流であり、世界的なデザイナーの

三宅一生が唯一「先生」と呼んでアドバイスを求めていたことも、

その実力の一端を示しています。

 

さらには自らのブランド「Ken Collection」や「Ken Sports」を立ち上げて、

展開していくことになります。

 

スポンサードリンク

 

ただしVAN時代のように自らアパレル会社を立ち上げることではなく、

あくまでもプロデュースに留まっています。

 

昭和60年代に入ると執筆活動にも精力的に取り組んで、「男の服装戦略」や

「大人のお洒落」などの著書を刊行します。

 

また美食家だった彼はグルメ本も多数手がけており、

「間違いだらけのグルメ選び」や「石津謙介味ばなし」などの

書籍も出しています。

 

さらにはその卓越したカリスマ性とダンディーぶり、語り口のソフトさで

評判だったことから、テレビや雑誌といった多くのマスメディアにも登場し、

多方面で活躍することになります。

 

YOUTUBEで晩年の石津が出演した番組の貴重な映像を見つけました

7分ごろに石津が登場します)

 

 

平成17年(2005年)524日に93歳でこの世を去りますが、寝たきりになっても

パジャマを着ることを拒み、イッセイミヤケのシャツを着て息を引き取った

という逸話さえあります。

 

ドラマでも栄輔はこれまで「日本の男をオシャレにする」というセリフを

何度も口にしていますが、まさにこれは石津のスピリッツでもあったのです。

 

失意の栄輔ですがようやく光も差してきて、モデル同様ファッション評論家として

活躍することになります。

 

このあたりには注目です!

 

初回31日間無料!作品数・会員数No.1の動画配信サービス「dTV」

 

送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ