べっぴんさん|エースAISは倒産、潰れる?実在のモデルと同じ道

 

朝ドラ『べっぴんさん』では、舞台は昭和44年(1969年)の

大阪万博編に突入します。

 

そしてその際の注目は栄輔のエース(エイス/AIS)です。

 

かつてはオライオンとの業務提携を断られてしまったエースですが、

総合商社のKADOSHOの出資を受けて全国展開。

 

今や日本全国の若者の心をガッチリと掴むほどの人気ブランドになりますし、

日本のファッション業界をけん引していく存在となります。

 

しかも今後は海外進出をも視野に入れることとなり、大きく成長していきます。

 

まさに時代の寵児となる栄輔とエースですが、今後はどうなのでしょうか?

 

モデル会社のVANが哀れな末路を辿ったことから気になります。

 

 

エースAISは倒産、潰れる?実在のモデルと同じ道

 

スポンサードリンク

 

結論から申しまして、栄輔のエースは倒産し、潰れてしまう可能性は

非常に高いように思われます。

 

総合商社のKADOSHOとタッグを組んだのも、実在のVANが丸紅を中心に

総合商社から出資を受けていたことと同様です。

 

またその資金をバックに急激に事業を展開して、会社も大きくなった経緯

なども類似しているからです。

 

現時点では大阪万博時の事業展開や海外進出の顛末などは不明ですが、

昭和40年代半ばから後半にかけてはモデルとなったVANは信じられないほど

売上を伸ばした時期です。

 

昭和45年(1970年)に69億円だった年商が、昭和49年(1974年)には

452億円になっていますし、従業員数も2600人まで拡張しました。

 

他の記事でもご紹介しましたが、実はほとんどの関連事業が赤字で

負債も膨張していきましたが、ピーク時からわずか3年後の

昭和53年(1978年)にVAN500億円もの負債を抱えて倒産しています。

 

当時は戦後のアパレル業界の最大の倒産でしたし、カリスマ経営者だった

社長の石津謙介や一世を風靡した人気ブランドであったことから、

世間ではVANの倒産は激震が走るほど衝撃的な出来事でした。

 

ドラマの栄輔やエースの成長ぶりからすれば、どうやらモデル会社と

同じ運命を辿りそうです。

 

やはりKADOSHOの出資を受けて急成長したのが、裏目に出る可能性が

高いと思われます。

 

で、VANが倒産してしまった時には、社長の石津謙介はすべてを失って、

一文無しとなってしまいました。

 

スポンサードリンク

 

どうやら自宅なども抵当に入っていたようで、住む場所さえも困ることに

なります。

 

しかしその際に手を差し伸べたのが、潔のモデルであるレナウン会長の

尾上清です。

 

尾上は石津の住む場所を確保してやったばかりか、金銭的に窮乏していた

彼を救うためにレナウンへの入社を勧めます。

 

石津は服飾評論家の道を見出して、最終的にはレナウンへの就職を断っていますが、

尾上の好意に関しては痛く感謝をしました。

 

そもそも石津がVANの前身となる石津商店を立ち上げることができたのも、

佐々木営業部(レナウンの前身)の退職金が元手でしたし、尾上は最後まで

彼の面倒を見ようとしていました。

 

また終戦後にすべてを失って中国から引き揚げてきた石津に、仕事を与えたのも

尾上でした。

 

そのため石津は晩年まで尾上のことを「器が大きく、兄貴のような存在だった

回顧しています。

 

これらの経緯などを考えると、エースが倒産して、栄輔もすべてを失いそうですが、

その際に手を差し伸べるのはのようですね。

 

実業家になってからはライバル関係が長く続きましたが、もとはと言えば二人は

師弟関係で、栄輔も潔をひどく慕っていました。

 

エースの倒産は残念ですが、在りし日の栄輔と潔の関係の復活には期待ですね♪

 

初回31日間無料!作品数・会員数No.1の動画配信サービス「dTV」

 

送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ