べっぴんさん|アイビールックって何?当時爆発的に流行

 

朝ドラ『べっぴんさん』では、姿を消したはずの栄輔が再登場しました。

 

しかも以前の姿とは大きく異なって、当時大流行だったアイビールック

といういで立ちです。

 

さらにはエイスAIS)というブランドを立ち上げて、アイビールックの

提唱者にもなっているようです。

 

ところでこの昭和30年代に爆発的に流行したアイビールックというのは、

どのようなものだったのでしょう。

 

アイビールックって何?当時爆発的に流行

 

スポンサードリンク

 

そもそもアイビールックという言葉は、アメリカ東海岸の名門私立大

グループの「アイビーリーグ」が由来です。

 

アイビーリーグはハーバード大学やエール大学、プリンストン大学、

コロンビア大学などで構成され、その上品でスマートな着こなしから

このような名前で呼ばれました。

 

その特徴は三つボタンのブレザーやボタンダウンシャツ、細身のコットンパンツ、

コイン・ローファーなど。

 

アイビー

 

これを日本で広めたのが、ドラマの栄輔のモデルであるヴァンジャケット

社長の石津謙介です。

 

石津は昭和26年(1951年)に佐々木営業部から独立して立ち上げた石津商店を、

昭和29年(1954年)にヴァンジャケットに改組したあたりからアイビールック系の

商品を次々に発売します。

 

スポンサードリンク

 

同時に「男の服飾」(後のメンズクラブ)という雑誌を創刊し、アイビールックを

世間に売り込みました。

 

そして若者に人気のあった雑誌「平凡パンチ」がこれを取り上げると、

一大ブームとなります。

 

当時の日本でアイビールックを扱っていたブランドは、石津の「VAN」のほか、

JUN」や「Jプレス」も大人気となります。

 

海外のブランドでも「ラルフローレン」や「ブルックスブラザーズ」なども

アイビーを扱っていたので人気となります。

 

その中でも「VAN」は愛好者にとっては神様的なブランドで、

昭和39年(1964年)に本社が大阪から青山に移転すると、周辺には

VANの関連施設もできたため愛好家や若者たちが押し掛けて、

青山は「VANの街」とも呼ばれました。

 

アイビールックのブームは比較的長く続きますが、1970年代中盤から

後半にかけて下火になっていきます。

 

そんな中、石津のヴァンジャケットも拡大路線が祟って昭和53年(1978年)に

500億円もの負債を抱えて倒産してしまいます。

 

アイビーの象徴的なブランドだった「VAN」の倒産は、ブームの下火にも

拍車をかけていきました。

 

とは言え、現在でも時代に流されないトラディショナルなスタイルとして

広く紹介されていますし、それを紹介した石津の功績は称えられています。

 

このような時代背景がありますが、ドラマではどうやら栄輔はアイビールックの

勢いを駆って潔のオライオンに勝負を挑みそうですね。

 

まさに師弟対決の様相を呈していますが、どのようになってしまうか

目が離せません!

 

au/ビデオパス 映画やドラマ・アニメ動画が見放題

 

送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ