べっぴんさん|皇太子夫妻からファミリアへの注文の実話!

 

朝ドラ『べっぴんさん』では、キアリスに皇太子夫妻から

注文が入りました。

 

そしてこのことがきっかけで全国に名前が知れわたり、

企業としても大きく成長することになります。

 

皇室御用達、あるいは宮内庁御用達となったわけですが、

このことでブランドとしての価値も大きく上がったのですね♪

 

ところでこのあたりのエピソードは、モデルとなっている

ファミリアが皇太子夫妻から注文を受けた実話に基づいています。

 

下敷きとなっている実話を詳しく解説していきます。

 

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%9f%e3%83%aa%e3%82%a2

 

皇太子夫妻からファミリアへの注文の実話!

 

スポンサードリンク

 

ファミリアが当時の皇太子(現在の天皇陛下)夫妻から予期せぬ注文を

受けたのは、昭和34年(1959年)の8月です。

 

実際は皇太子夫妻や皇室がファミリアの製品を指名したのではなく、

皇室から高島屋に美智子妃の出産準備品の納入の依頼があり、

高島屋がファミリアの製品を収めることにしたのです。

 

とは言え、皇室関係者の出産準備品を承るとはこの上ない名誉な話です。

 

坂野惇子は至急東京に出向いて、支店のあった数寄屋橋阪急の店から

これはと思うものを高島屋に届けました。

 

そして9月に入ると再び高島屋の担当者から連絡があり、

惇子も御所に参上することになります。

 

いったん女官長と打ち合わせをすると、翌日に再び見本品を

持参することになります。

 

持参したのはベビーの衣料品のほか、おしめ用のバケツ、ベビーバス、

水差し、子供用のタンスやベッドなどでした。

 

御所に商品を運び込むと、そこに現われたのはなんと美智子妃でした。

 

スポンサードリンク

 

実は美智子妃は聖心女子大学の学生の頃、田村光子(一部明美のモデル)

の娘と同級生で、関西旅行をした際に坂野家の別荘を訪れており、

惇子とは面識がありました。

 

そのため美智子妃はその時のお礼を言うとともに、商品の説明を惇子らに

求めました。

 

しかし惇子は極度の緊張から、着けていた手袋が何度も脱げてしまうなど

したようです。

 

そして後日、皇室から正式に高島屋にファミリアの製品80数点の注文が

入りました。

 

ドラマ同様、皇室に納品した効果は絶大で、ファミリアの知名度は一気に

上がって、ブランドイメージも高まりました。

 

もちろんファミリアの製品が高品質で知られていたからでしたが、

惇子たちにとっては思わぬプレゼントといったところでしょう。

 

そしてその後もファミリアは秋篠宮殿下や紀宮内親王、敬宮愛子

内親王、眞子内親王、佳子内親王らの誕生の際にも商品を収めています。

 

昭和30年代には同社は大きく成長することになりますが、その大きな要因として

このエピソードは欠かせないものと言えるでしょう。

 

実話の詳細はこのような感じでしたが、ドラマではやはりデリケートな面もあるので

さらりと描くだけのようですね。

 

しかしこれがきっかけでキアリスも大きく成長するはずですから、注目ですね♪

 

au/ビデオパス 映画やドラマ・アニメ動画が見放題

 

送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ