べっぴんさん|エースAISのモデルはVAN!栄輔のブランド

 

朝ドラ『べっぴんさん』では姿を消した栄輔が再登場することになりますが、

彼はアパレルブランドのエース/エイス(AIS)の社長となっています。

 

他の記事でもご紹介しましたが、以前キアリスの偽物を作ろうとした玉井が

部下になっており、不穏な空気も漂います。

 

そしてエースは大急百貨店に出店することになり、潔が率いる坂東営業部の

ブランド「オライオン」のライバルとなります。

 

あの栄輔が兄貴と慕っていた潔と対決するという驚きの展開ですが、

このあたりは目が離せませんね~

 

そしてエースのモデルとなったのは、現在でも人気ブランドとして知られる

VANです。

 

van

 

エイスAISのモデルはVAN!栄輔のブランド

 

スポンサードリンク

 

VANのブランドで知られるヴァンヂャケットは、石津謙介が

昭和26年(1951年)に佐々木営業部から独立し、立ち上げた

石津商店が起源です。

 

昭和31年(1956年)からターゲットを若者に定め、昭和34年(1959年)に

アイビースーツなどのアイビールックを提唱すると瞬く間に火がつきます。

 

全盛期の1960年代には「みゆき族」と呼ばれた若者たちも登場し、

VANの紙袋を持つこと自体がオシャレとされるほどの一大ムーブメントと

なりました。

 

また昭和39年(1964年)にヴァンジャケットが青山に移転すると、

関連施設などを次々に建設したこともあり、青山は「VANの街」と

呼ばれることになります。

 

海外ブランドとの提携も積極的で、アメリカのGANTS社やブルーベル社、

イタリアのコルシーニ社などと提携しています。

 

また昭和46年(1971年)にはアメリカの三大ジーンズメーカーのひとつ

「ラングラー」のライセンスを取得してラングラー・ジャパンを設立し、

国内での販売を開始しています。

 

石津の経営方針はかなりのイケイケだったようで、ヴァンジャケットは

拡大路線を取り続けました。

 

スポンサードリンク

 

そのため昭和45年(1970年)には69億円だった売上が、昭和47年には126億円、

49年には300億円、同50年には452億円とあり得ないような伸びを見せます。

 

ところが事業を拡大しすぎて最終的には社長の石津すらコントロールできなく

なってしまい、昭和53年(1978年)に500億円の負債を抱えて倒産することに

なります。

 

現在のヴァンジャケットは昭和55年(1980年)にOBたちが再建したもので、

石津も顧問に就任したこともありましたが、基本的には別会社です。

 

ドラマでは栄輔のエースは潔のオライオンのライバルとなりますが、

リアルではVANとレナウンは同じアパレルメーカーですが、

ターゲット層が異なるためさほどのライバル関係にはなかったようです。

 

むしろレナウンにとっては、オンワードやワールドなどのメーカーが

ライバル企業だったようですね。

 

栄輔のエースと潔のオライオンの戦いはドラマオリジナルの流れとなりますが、

この予想外の展開は注目ですね♪

 

べっぴんさん|VANはなぜ倒産・破産したの?エイスのモデル

 

石津謙介の嫁や息子ら家族について!妻は不良少女だった!

 

べっぴんさんDVDBOXが26%offで予約開始

 

初回31日間無料!作品数・会員数No.1の動画配信サービス「dTV」

 

送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場

 

スポンサードリンク

 

2 Responses to “べっぴんさん|エースAISのモデルはVAN!栄輔のブランド”

  1. steve より:

    VANでなく、三宮だからMAC マカラズヤではないのでしょうか。MACは1985年創業のアイビーの老舗

    • rekidora より:

      steve様

      コメントありがとうございました!
      また貴重な情報ありがとうございます。

      MACについて調べましたが、こんなお店があったのですね~
      さすがは神戸ですね~

      もしかしたらVANに加えてこちらのお店の要素も入っているのかも
      しれませんね~ありがとうございました。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ