べっぴんさん|紀夫はいつキアリスの社長になる?どう変わる?

 

朝ドラ『べっぴんさん』では、紀夫がキアリスに入社しました。

 

ところが彼は朝礼などや名前の呼び方を勝手に決めて、

キアリスの面々から反発されることになります。

 

坂東営業部で働いていた頃の彼は、そんなにキビキビとした

感じでありませんでしたし、いきなり変なギアが入ってしまった

のでしょうか?

 

急に肩の力が入り、饒舌になるなど不自然さも感じますが、

何より空回り気味なのも心配ですね…

 

紀夫はいずれキアリスの社長になるでしょうが、より人間的に

成長する必要もあるようです。

 

そんな彼がキアリスの社長になるのはいつなのでしょうか?

 

またどのように成長していくのでしょうか?

 

%e9%80%9a%e5%a4%ab

 

紀夫はいつキアリスの社長になる?どう変わる?

 

スポンサードリンク

 

まず史実のほうから説明すると、紀夫のモデルの坂野通夫は

昭和27年(1952年)10月にファミリアに取締役として入社します。

 

そしてその半年後の昭和285月に初代社長の元田蓮が辞任しますが、

その後は社長の座は空位となります。

 

誰の目から見ても次期社長は通夫でしたが、彼は会社全体の経営状態を把握し、

改めるべきところを改革した後に社長に就任すると考えます。

 

そのため経理などの財務を改革したり、在庫や経費節減などにも

手を付けたばかりか、店内の清掃や売り場の採光や温度といった

細かいところまで変えていきます。

 

そのため坂野惇子たち創業メンバーは商品の製造や販売に専念できるように

なるのですが、通夫の社内改革は売上を大いに伸ばすことになります。

 

スポンサードリンク

 

彼がファミリアの二代目社長になるのは入社から4年後の昭和31年(1956年)

ですが、入社時の同社の年間の売上が3,000万円であったところ、

社長就任時のそれはなんと1億円を超えていました。

 

4年間で売上を3倍増とするのは凄いですね~もちろんすべてが彼の力では

ないでしょうが、その有能ぶりが十分に示される数字です。

 

そして通夫が社内改革で気づいたことは、女性の「直観力」「発想力」

です。

 

これは男性にはないもので、子供用品を作る上には欠かせないものと

考えるようになります。

 

そのため男女の和や協力を企業理念に取り入れるとともに、

女性の能力や役割を重視しました。

 

たとえば彼は軍隊仕込みだったので、社員を叱る時はかなり厳しいものが

あったのですが、徐々に叱った後にジョークを交えてフォローするなど

変わっていきました。

 

このあたりも女性社員が多いという事情を重視した、彼なりの工夫のように

思えます。

 

そのため後に社員たちからは絶大な信頼を寄せられ、慕わられもしました。

 

史実のこのような経緯に鑑みれば、ドラマの紀夫も女性と男性の違いに気づき

徐々に変わっていくはずです。

 

キアリスに入社直後は堅苦しい面もありますが、それも変化して社員たちの

信頼を獲得していくでしょう。

 

恐らく彼がキアリスの社長になるのは、舞台が昭和30年代に移ってからと

なりそうです。

 

その頃のキアリスは大いに成長していきますから、彼の手腕にも注目ですね♪

 

送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ