べっぴんさん|龍一(原知輝)がわがまま過ぎて大問題に発展!

 

朝ドラ『べっぴんさん』では、舞台が昭和23年(1948年)になると、

すみれたちの子どものキャストも変更。

 

良子と勝二の息子の「りゅうちゃん」こと龍一役も、幼少期を演じた

森本凛くんから原知輝くんにバトンタッチしました。

 

すみれたちの子どもの中では龍一が特にわんぱくでしたが、

原知輝くんも元気そうですね~

 

ところがこの龍一は後に大きな問題を起こすことになります。

 

%e7%94%9f%e5%9c%b0

 

龍一(原知輝)がわがまま過ぎて大問題に発展!

 

スポンサードリンク

 

まず龍一役の原知輝くんですが、ネット上にほとんど情報がありません。

 

恐らく今回が子役としてはじめての仕事のようですが、

何かわかりましたら追記しておきます。

 

で、龍一の起こす問題とは、あまりにわがまま暴れん坊過ぎて、

これがもとで周囲の人びとにも諍いを生じてしまいます。

 

当初はさくらたちとともに保育園に入る予定でしたが、

保育園のほうから入園を断られる始末。

 

しょうがないので良子が龍一をキアリスに連れてきますが、

お店でも騒ぎまくってお客さんも帰ってしまいます。

 

その後もお店のショップカードをバラまくなど、わがままの限りを尽くす

龍一ですが、母親の良子も甘やかし気味で強く注意をしません。

 

そんな龍一を強く叱るのが明美です。

 

スポンサードリンク

 

やはりすみれも君枝もダメなことはダメとビシッと言い聞かせるキャラではないので、

このあたりの明美は頼もしいですね。

 

ところがそんな明美に対し、良子は「子どもがいないから、母親の気持ちがわからない」

と言ってしまい、明美をひどく傷つけてしまいます。

 

良子も我に返って自分の発言を悔やみ、翌日はお店に現われません。

 

龍一のわんぱくぶりによって、キアリスのメンバー間に亀裂が入ってしまうことに

なるのですね~

 

このあたりは心配ですが、それを解決するのはお手伝いの喜代の言葉です。

 

喜代は手がかかる子は実際にいるだろうけど、それだったら周りにいる

大人たち全員で手をかけてやればいいと言います。

 

つまり良子だけではなく、メンバー全員で龍一を育てればいいとのことですが、

その言葉を聞いた良子は感激します。

 

そのため明美とも和解をして事なきを得ますが、ドラマでは龍一の暴れん坊ぶりが

描かれそうですね♪

 

視聴者の大バッシングも買うかもしれませんが、結果としてキアリスのメンバー間の

絆もまた深まります。

 

原知輝くんの傍若無人ぶりにも、とくと期待しましょう!

 

送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場

 

スポンサードリンク

 

4 Responses to “べっぴんさん|龍一(原知輝)がわがまま過ぎて大問題に発展!”

  1. ホット姉 より:

    来年1月からのさくらと健太郎役の新キャスト発表があり、歴ドアで拝見しましたが、龍一くん役の新キャストがないのが気になります。龍一君は成人せずに亡くなるのでしょうか?

    • rekidora より:

      ホット姉様

      お久しぶりです♪

      いえいえ龍一の成人後のキャストには森永悠希さんが決まってます。
      12月ということでなかなか慌ただしく記事のアップにもたついて
      おります。

      何卒ご理解くださいませ< (_ _)>

  2. ホット姉 より:

    最近の投稿見ましたよ!よかった~心配してました。龍ちゃんがこの先どうなるのか気になってたから。
    龍ちゃんはさくらに恋心抱かないのかな?
    龍ちゃん、手のかかる子供だっただけにすごく気になりますね。どんな大人になるのかな?キアリスに関わるのか、将来も気になります。

    • rekidora より:

      ホット姉様

      ご心配おかけしてすみませんでしたw

      いや~龍一までさくらに好意を持つと大変なことになりそうですね~
      ただし、恐らく彼もキアリス絡みで重要な役割を果たすと思いますよ。

      3人の中ではスバ抜けた個性を持つ彼の今後に期待ですね♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ