べっぴんさん|麻田の靴屋の経営は大丈夫?史実はどうだった?

 

朝ドラ『べっぴんさん』では、麻田の靴屋はすみれたちの

ベビーショップに乗っ取られたような状態になっています。

 

決して広くはないスペースの一角を借りてオープンした

ベビーショップあさやですが、徐々にお客さんも増えてきます。

 

しかもダメ押しとなるのが、明美が無料でおこなうベビー相談室です。

 

当時は育児相談をおこなっているところ自体が少なかったですし、

何よりも無料というのは非常に魅力的。

 

五十八もこのアイデアを称賛しましたし、大いにウケて客足も倍増

することになります。

 

しかし肝心のオーナーである麻田のお客さんは来ている感じはしませんし、

経営は大丈夫なのでしょうか?

 

モデルとなっている元田蓮の靴店はどうだったのでしょうか?

 

%e9%9d%b4

 

麻田の靴屋の経営は大丈夫?史実はどうだった?

 

スポンサードリンク

 

ドラマでは麻田の靴屋の経営状態などは描かれていませんが、

リアルの元田の靴店に関しては、悪くはなかったようです。

 

ベビーショップモトヤは開店初日から盛況で、坂野惇子らが製作した

上質の製品を求めて、三宮の商店街には上品な女性客が増えたと言います。

 

当時の靴店の具体的な経営状態は不明ですが、そのタイミングで元田は

上客に対応するために、靴店の作業場を応接室に作り替えていますから、

悪くはなかったようですね。

 

また元田は単なる靴店のオーナーではなく、商店街周辺に数々の土地を

所有していた地主で資産家でした。

 

さらに惇子らからベビーショップの賃料も受け取っており、それは売上の何%

といった出来高制でした(パーセンテージは不明)。

 

スポンサードリンク

 

なので、リアルでは惇子たちのベビーショップが繁盛するほど、

元田にもお金が入ってくる仕組みだったのです。

 

このあたりからしても、元田はたとえベビーショップのお客さんに

お店を占領されたとしても、靴店の経営やお金に困ることはなかったようです。

 

ただし惇子らは新設された応接室で着替えたり、食事をしたり、

商品置き場にしたことから、元田は早々に独立してほしいと考えたようです。

 

さすがにここまでやられると、本業の靴店の経営に支障がくると考えたのでしょう。

 

ちなみにドラマでは麻田のお店でベビー相談室を開設してお客さんも大幅に増える

といった流れですが、このあたりは史実と異なります。

 

惇子らもベビーショップモトヤを開店してから約1年9か月後に、

大ヶ瀬久子(一部明美のモデル)による無料育児相談をはじめています。

 

しかしその頃には会社組織のファミリアとなっていましたし、

独立店舗も構えていました。

 

なので元田に迷惑はかからなかったばかりか、ファミリアの初代社長は

元田が務めていますので、彼もむしろ喜んだことでしょう。

 

このようなことに鑑みれば、現在はすみれたちに占領されてしまっている

麻田の靴屋も大丈夫なはずです!

 

ミスチル「ヒカリノアトリエ」の予約開始!

 

送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ