べっぴんさん|琴子(いしのようこ)のモデルや役どころ!君枝の義母

 

朝ドラ『べっぴんさん』では、すみれは良子とともに君枝とも

再会を果たします。

 

女学校時代の手芸倶楽部のメンバーは全員無事ということでホッとしますが、

君枝も大変な苦労をしています。

 

ただでさえ病弱な彼女でしたが、嫁ぎ先の村田家の屋敷は占領軍に

接収されてしまい使用人用の建物住まい。

 

健太郎という幼い子供を抱えながら、出征後に消息不明になっている

夫の村田昭一の帰りを待ち続けています。

 

そんな君枝を支えているのが義母の琴子(いしのようこ)です。

 

%e6%89%8b%e8%8a%b8

 

琴子(いしのようこ)のモデルや役どころ!君枝の義母

 

スポンサードリンク

 

琴子のモデルは村井ミヨ子の義母で、村井完一の母親

ということになります。

 

もちろん実在はしたでしょうが、名前なども含めても

詳細はまったく不明です。

 

そのため限りなくドラマオリジナルのキャラクターに近いと言って、

差し支えないでしょう。

 

ドラマでの琴子の役どころですが、病弱な君枝に対し寛大で理解のある

優しい義母です。

 

朝ドラで「義母」や「姑」と言えば、嫁いびりのイメージが大きいのですが、

彼女に関してはそれはありません。

 

ただし、その優しさは君枝の自立の障害となってしまいそうです。

 

スポンサードリンク

 

すみれたちが君枝に商売の話をしていることを聞いた琴子は、

君枝を誘わないでくれと釘を刺しますし、終始彼女が働くことに反対します。

 

とは言え、君枝はもともと手芸や裁縫は大好きですし、

すみれたちの店を手伝っていくうちに、それらは生きがいとなっていきます。

 

しかも家で寝てばかりいても何も変わらないということに気づきますし、

息子の健太郎のためにも外で働くことを切望します。

 

そんな彼女の熱意にほだされて、琴子も最終的には昭一が帰ってくるまで

との条件付きで彼女が外で働くことを認めます。

 

やはり理解ある寛大な義母ですね~これにより手芸倶楽部のメンバーで

お店をやっていくことが決まります。

 

ところでこのあたりのエピソードの下敷きになっているのは、

村井ミヨ子と夫の完一とのやり取りです。

 

ドラマの君枝と同じようにミヨ子もかなり病弱だったので、

ベビーショップモトヤの開業時には、それに参加することに

難色を示します。

 

その理由は彼女が外で働くことを主治医に相談したところ、

「自殺行為に等しい」との回答があったからです。

 

しかしミヨ子の熱意に加え、実の父親の中井栄三郎までが無理しない範囲なら

との条件付きでこれを許すよう完一を説得しました。

 

そのため彼も最終的には折れて、ミヨ子が働くことを承諾し、

これによってファミリアの4人の創業メンバーが揃うことになったのです。

 

ミスチル「ヒカリノアトリエ」の予約開始!

 

送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ