べっぴんさん|良子の夫の勝二は戦死?戦争からいつ帰る?

 

朝ドラ『べっぴんさん』では、すみれ(芳根京子)は

良子(百田夏菜子)と久しぶりの再会を果たすことになります。

 

ところが良子も夫の小澤勝二(田中要次)が戦争に行ったきりで

消息が知れず、幼い息子の龍一を抱えて途方に暮れています。

 

親戚の援助や貯金の切り崩しなどをおこなってやり繰りしていましたが、

財産税などもあって、勝二から結婚記念にもらった腕時計を売ってしまうほど

追い込まれていました。

 

厳しいのは紀夫が帰ってこない坂東家だけではなかったのですね~

しかも超高額課税だった財産税は資産家にこたえます。

 

そんな良子の夫の勝二はどうなるのでしょう?

 

紀夫と同じように消息が不明なので気になります。

 

%e5%bc%95%e3%81%8d%e6%8f%9a%e3%81%92%e8%88%b9

 

良子の夫の勝二は戦死?戦争からいつ帰る?

 

スポンサードリンク

 

良子の夫の小澤勝二ですが、戦死はしませんが帰国は遅れるようです。

 

彼女がベビーショップあさやをすみれたちと開いたあたりに、

彼は戻って来ます。

 

しかもちょうどお店が閉店時間になり、みな帰路に着こうとした際に、

軍服姿の男が入ってきますが、それが勝二というわけです。

 

突然の復員に良子の感動はひとしおですし、紀夫を待ち続けるすみれにも

勇気を与えることになりますね♪

 

そして帰国後は勝二は造船会社の経理の仕事に就くことも決まりますので、

小澤家は経済的な困窮からも脱出できる模様です。

 

舞台は昭和21年(1946年)のことですが、無事に戻って来ることができるので

ホッとしますね。

 

ところで勝二のモデルの田村寛次郎はどうだったのでしょう。

 

スポンサードリンク

 

他の記事でも書きましたが、寛次郎は坂野惇子の夫の通夫

紀夫のモデル)の高校、大学の先輩で、結婚後も家族ぐるみの

付き合いをしていました。

 

その後召集されて出征することになる寛次郎でしたが帰国が遅れ、

通夫と同じく昭和21年に戻って来ることになります。

 

彼の赴任先や帰国が遅れた事情などは不明ですが、とりあえず無事に

戻って来るので妻の田村江津子(良子のモデル)もホッとしたことでしょう。

 

帰国後は実家の家業である洋反物問屋の田村駒の経営に携わることになり、

兄である二代目田村駒治郎のサポート役となります。

 

ところが二代目が公職追放により社長を辞任すると、

寛次郎が社長代行として4年あまりにわたって経営のかじ取りを

することになります。

 

ドラマの勝二はモデルの寛次郎と異なりサラリーマンの設定なので、

帰国後の身の振り方が大きく異なりますね。

 

また良子が店をやることに反対するなど、史実とも大きく異なる

描写もあるようです。

 

とは言え紆余曲折ありながらも、彼女が仕事をすることに理解を

示しはじめますし、そのあたりの人間ドラマになりそうですね♪

 

しかもベビーショップあさやがキアリスとなった後は、

勝二も協力することになりそうなので、そのあたりのサポートにも

期待ですね♪

 

とと姉ちゃんDVD

 

送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ