べっぴんさん|明美とすみれの和解はいつ?その後はどうなる?

 

朝ドラ『べっぴんさん』は、成人した小野明美(谷村美月)が

登場しました。

 

しかし彼女は少女時代に、すみれたちとの身分違いの理不尽を

思い知らされているので素直になれません。

 

また坂東家の女中を解雇された母親のマツはその後苦労して

死んでしまったことから、坂東家に恨みさえ感じています。

 

そのためすみれにはかなり冷ややかな態度で接します。

 

とは言え彼女もドラマの主要登場人物ですし、いずれはふたりは

和解することになります。

 

他の記事でも断片的に紹介してきましたが、ふたりの和解までの

道のりをまとめてみます。

 

%e8%b5%a4%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93

 

明美とすみれの和解はいつ?その後はどうなる?

 

スポンサードリンク

 

ふたりの関係に大きな転機が訪れるのは、

エイミー(シャーロット・ケイト・フォックス)の件です。

 

すみれはエイミーから外国式のおむつを頼まれますが、

知識がないことからうまく作ることができません。

 

そのためベビーナースとして活動し、西洋の育児法をよく知る明美に

作り方を教わるため神戸中の病院を巡って彼女を探し出します。

 

しかし言うまでもなく、前述の経緯から彼女は協力することはありません。

 

ところが彼女とのやり取りから、すみれは知らず知らずのうちに

彼女を傷つけてきたことを反省し、後日それを謝罪します。

 

と同時に、娘のために今は必死であることを伝えます。

 

そんなすみれの態度にほだされて、明美はおむつの作り方だけを教える

と言い出します。

 

そして関わりを持つうちに、すみれの「困っている人のために必要な物を作りたい」

という想いを知るようになります。

 

スポンサードリンク

 

徐々に溝が埋まっていくふたりですが、そのうち明美はベビーショップの

商品づくりのアドバイスをするようになり、メンバーの良子君枝との

わだかまりもなくなっていきます。

 

そして昭和21年(1946年)3月のベビーショップあさやの開店時には、

創業メンバーに加わることになります。

 

当初は看護婦をしていたことから仕事の合間を縫って協力しますが、

後にそれを辞めた後は本格的にキアリスに合流します。

 

ちなみに「キアリス」の店名も、君枝、明美、良子、すみれの頭文字から

命名しています。

 

簡単にふたりの和解をまとめてしまえばこのようになりますが、

NHKの朝ドラらしい経緯を辿ることになりますね♪

 

ただし明美が心を開くまでは容易ではなく、すみれに対しても

かなり辛辣な態度や言動をとることになります。

 

だからこそふたりの心が通じ合った時に共感できるのですが、

演技派の谷村美月さんがキャスティングされていることから、

このあたりは期待が高まることになります。

 

やはり当初の敵キャラが紆余曲折を経て味方になるのは爽快ですし、

微笑ましいですよね~

 

このあたりの芳根京子さんと谷村美月さんの演技にも注目です!!

 

とと姉ちゃんDVD

 

送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ