べっぴんさん|母坂東はな(菅野美穂)は早死するが史実は違った!

 

朝ドラ『べっぴんさん』では、ドラマの開始早々のヒロイン

すみれ(渡邉このみ)の少女時代に、母親の坂東はな(菅野美穂)が

亡くなってしまいます。

 

前作の「とと姉ちゃん」でも、ヒロイン常子の父の竹蔵(西島秀俊)は

早逝してしまいますが、はなに至っては放送5日目に亡くなってしまいます。

 

放送開始の時点ではなは病弱ゆえに既に入院している設定ですが、

かなりの急展開に驚く視聴者も少なくないはず。

 

そして坂東はなのモデルは、坂野惇子の母親の佐々木倆子

(りょうこ)です。

 

ところがこの倆子は惇子の幼少期には亡くなっておらず、

むしろ長生きしており、史実とはまったく違っているのです!

 

%e3%82%8a%e3%82%87%e3%81%86%e3%81%93

倆子と佐々木八十八)

 

 

母坂東はな(菅野美穂)は早死するが史実は違った!

 

スポンサードリンク

 

ドラマの坂東はなは、すみれが9歳だった昭和9年(1934年)に

入院の甲斐もなく、先が長くはないことを医師から宣告されてしまいます。

 

最期は自宅に戻り、手作りのタペストリーをすみれと姉のゆり

(内田彩花)に贈ります。

 

しかしその数日後、家族に見守られながら息を引き取ることになります。

 

このように早逝してしまうはなですが、坂野惇子の母親の佐々木倆子は

驚くことにむしろ長生きしています。

 

スポンサードリンク

 

明治16年(1883年)生まれの倆子は女学校卒業後に、8歳年上の

佐々木八十八(坂東五十八のモデル)と結婚して6人の子供をもうけます。

 

性格は気さくで子供たちとの仲も良好だったようですが、

あまり詳細については知られていません。

 

大富豪だった八十八の妻でしたが、当時の多くの夫人と同じように、

表に出るようなタイプではなかったようですね。

 

そんな倆子でしたが、亡くなったのは昭和43年(1968年)で

何と86歳の大往生を遂げています。

 

夫である八十八は昭和32年(1957年)に83歳で亡くなっていますから、

その11年後に亡くなっているのです。

 

ドラマとは逆に普通の人よりも遥かに長生きした倆子でしたが、

ドラマではなぜ早逝してしまうのかは不明です。

 

もしかしたらキャストの菅野美穂さんのスケジュールの問題かも

しれませんが、NHKの朝ドラの主要キャストとしては珍しいケースでしょう。

 

このように「べっぴんさん」の第1週は、渡邉このみちゃん演じる

ヒロインのすみれと母親との別れがメインストーリーとなるようですね。

 

NHKの朝ドラには2001年の「ちゅらさん」以来、15年ぶりの登場となる

菅野さんでしたが、どうやら登場回数は非常に少ないようです。

 

※ただしナレーションは最後まで担当します

 

もしかしたら回想シーンなどでたまに登場することになるかもしれませんが、

少ない出番に注目しましょう!

 

スロギー最安値激安はコチラ

 

送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ