べっぴんさん|坂東ゆり(蓮佛美沙子)のモデルは?夫がすごい!

 

朝ドラ『べっぴんさん』では、ヒロインすみれの姉として

蓮佛美沙子さんが演じる坂東ゆりが登場します。

 

ゆりは典型的な「デキた姉」で、勉強もピアノも優秀で

それでいてスポーツも得意。

 

長女らしく子供の頃から経営者の跡取り娘として、

家のことまで考えているという非常に優等生キャラ。

 

朝ドラではヒロインの姉はデキた人が多いのですが、

その中でも彼女はかなり理想的な姉のようです。

 

そんなゆりのモデルとなっているのは、レナウン創業者の

佐々木八十八(ドラマでは生瀬勝久さん演じる坂東五十八のモデル)の

次女の佐々木智恵子です。

 

%e8%93%ae%e4%bd%9b%e7%be%8e%e6%b2%99%e5%ad%90

 

坂東ゆり(蓮佛美沙子)のモデルは?夫がすごい!

 

スポンサードリンク

 

佐々木智恵子は八十八の次女として、明治38年(1905年)に生まれています。

 

ドラマではゆりはすみれの3歳年上の姉ですが、

実はすみれのモデルの坂野惇子とは13歳も年が離れています。

 

そしてドラマでは坂東家の子供はふたりの姉妹のみですが、

佐々木八十八には6人の子供がいました(ただし、うち2人は早逝)。

 

長女が早く亡くなったことから主に智恵子が惇子の面倒を見たようで、

このふたりは非常に仲が良かったといいます。

 

ただし智恵子の子供時代の記録は現時点であまりなく、

幼少期のエピソードなども不明です。

 

そして智恵子は神戸女学院を卒業後に子爵の三浦義次と結婚する

ことになりますが、この義次は美作勝山藩の三浦家直系にあたります。

 

スポンサードリンク

 

祖父の三浦顕次は同藩の最後の藩主を務め、明治の華族令によって

子爵となりました。

 

義次は智恵子よりも1つ年上で三浦家の嫡男でしたから

子爵の身分を受け継ぎますが、戦後の華族制度の廃止によって

その身分を失うことになります。

 

智恵子の夫もかなりの家柄ですごい人物でしたが、

敗戦で多くを失うことになったようです。

 

結婚後に智恵子は東京に移り住みますが、

それ以降も妹の惇子に大きな影響を与えています。

 

惇子は甲南女学校を卒業後、八十八の勧めで東京女学館の

聴講生となって2年間遊学することになりますが、

その間は智恵子の家に世話になっています。

 

また太平洋戦争末期は智恵子夫婦は東京から義次の実家のある

岡山県勝山町に疎開しましたが、神戸の実家が被災した惇子も

そこに身を寄せることになります。

 

このように惇子は智恵子が結婚してからも頼りにすることが

多かったことからしても、ふたりの仲は相当よかったようですし、

智恵子の夫の義次との関係も良好だったようですね。

 

ドラマではゆりの夫となる人物のキャストは発表されていませんが、

結婚後も(もしかしたら結婚しないかもしれませんが)

すみれを支えるなどすることから、けっこうこの姉妹は身近な存在として

描かれるようです。

 

ゆりとしては妹を頼りなく思うようですが、戦後にすみれは起業して

会社を大きくしていきますから、妹の成長ぶりをいかに見届けるかなども

ドラマの見どころになりそうですね!

 

蓮佛美沙子さんと芳根京子さんの坂東姉妹には注目です♪

 

スロギー最安値激安はコチラ

 

送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ