べっぴんさん|夫の田中紀夫(永山絢斗)のモデルは坂野通夫

 

朝ドラ『べっぴんさん』では、ヒロインすみれ(芳根京子)の

幼なじみとして田中紀夫(永山絢斗)が登場します。

 

紀夫の父の五郎は貴族院議員を務めるなど、

すみれの実家の坂東家に劣らないほど裕福な様子。

 

後にこの紀夫はすみれと結婚して婿養子入りし、

実家の坂東営業部に就職することになります。

 

ヒロインの夫ですからかなり物語でもかなり重要な役割を担いますが、

彼のモデルとなったのが坂野惇子の夫の坂野通夫です。

 

リアルでも通夫は惇子の成功に大きな役割を果たしていますので、

そのあたりをご紹介します。

 

%e6%99%a9%e5%b9%b4%e3%81%ae%e5%9d%82%e9%87%8e%e5%a4%ab%e5%a6%bb

(晩年の坂野夫妻)

 

夫の田中紀夫(永山絢斗)のモデルは坂野通夫

 

スポンサードリンク

 

まず坂野通夫の父の兼通は三菱合資銀行部(後の三菱銀行)出身の

銀行マンで、その後山口銀行(後の三和銀行)に転職し、

総理事まで出世して、最終的には関連会社10数社の取締役を務めます。

 

そのためかなりの資産家で、豪邸のほか芦屋や六甲山に

テニスコート付の別荘を構えるほどでした。

 

通夫は兼通の9人きょうだいの末として、大正5年(1916年)9月30日に

生まれましたが(惇子の2つ上)、中学2年生の時に兼通が他界してしまいます。

 

そのため年の離れた兄の信夫が坂野家を継ぎ、

通夫にとっても父代わりとなりました。

 

そんな彼も非常に優秀で甲南高校を経て京都帝国大学に進学し、

在学中に惇子と婚約して、卒業直後の昭和15年(1940年)5月12日に

ふたりは結婚します。

 

ドラマでは紀夫は婿養子となりますが、リアルではそれはありませんでした。

 

そして大学卒業後は大阪商船(現商船三井)に勤務して、

娘の光子も生れます。

 

ここまでは裕福なエリートサラリーマンの家庭でしたが、

戦争により大きく翻弄される運命を辿ります。

 

スポンサードリンク

 

昭和18年(1943年)に軍属として海軍に召集され、

当時は日本領だったインドネシアのジャワ島に赴任することになります。

 

ただし不幸中の幸いだったのが、ジャワ島では激しい戦闘がおこらなかった

ことです。

 

ニューギニアやガダルカナルでしたら、彼の運命もどうなったかわかりません。

 

何とか戦禍を生き抜いた通夫でしたが、終戦後は英語が堪能だったことから、

イギリス軍に徴用されて、なかなか帰国できませんでした。

 

昭和21年(1946年)の復員後は、惇子の実家の佐々木営業部

(レナウンの前身)に就職し、当時の社長の尾上清(野上潔のモデル)

のもとで商売を学ぶことになります。

 

しかも預金封鎖や財産税などで家計も疲弊してきたこともあり、

惇子がベビーショップ・モトヤを立ち上げることには賛成しています。

 

当時は女性が外で働いたり、起業したりすることは

まだまだ普通ではありませんから、かなり理解のある夫だったようです。

 

また惇子のベビーショップの黎明期には仕入れや帳簿などを手伝って、

アドバイスをおこなっています。

 

そんな甲斐あってベビーショップは現在の子供服大手のファミリアに

成長するのですが、後に通夫はレナウンを退職して、

その二代目の社長に就任することになります。

 

惇子ら四人の友達で起業したファミリアですが、それを大きく成長させたのは

通夫の尽力もあったのです。

 

このように彼はかなりの役割を果たしますが、ドラマで永山絢斗さん演じる

田中紀夫も重要な役割を果たすのが確実ですね♪

 

その役どころにも注目です!!

 

スロギー最安値激安はコチラ

 

送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ