べっぴんさん|麻田茂男(市村正親)のモデルは元田蓮!すみれの恩人

 

朝ドラ『べっぴんさん』では、麻田茂男(市村正親)が

すみれの実家の坂東家の出入りの靴職人として登場します。

 

麻田の役どころは腕がよい靴職人で、実直な仕事ぶりから顧客の信頼も厚く、

幼いすみれの物づくりに対しての興味を喚起するというもの。

 

しかも戦後、すみれたちは素人ながら商売を始めることになりますが、

それは麻田のお店であるあさや靴店の一角を借りてのもの。

 

そんな間借りのお店が後に、本人たちの努力もあって大きな企業へと

成長していきます。

 

もちろん麻田も様々なアドバイスをすみれたちにしますから、

まさに彼は恩人というべき人物です。

 

そして麻田には元田蓮という実在のモデルがおり、

この元田もすみれのモデルの坂野惇子の大恩人というべき人物だったのです。

 

麻田茂男(市村正親)のモデルは元田蓮! すみれの恩人

 

スポンサードリンク

 

麻田茂男のモデルの元田蓮は、神戸・三宮でモトヤ靴店を営んでいました。

 

神戸は明治維新後にいち早く外国人居留地が設置されたこともあって、

古くから洋靴の本場として知られ、靴づくりの技術は日本有数でした。

 

そんなハイレベルな神戸の靴業界の中でも、元田は神戸靴の名人

として知られた人物でした。

 

%e5%85%83%e7%94%b0%e8%93%ae

(左が元田蓮。右から二番目が惇子)

 

坂野惇子の実家の佐々木家にも出入りしており、幼いころから惇子は

彼と面識がありました。

 

そんなふたりの関係でしたが、戦後の財産税やハイパーインフレなどで

惇子が経済的に窮乏した時に、運命の再会を果たすことになります。

 

惇子は少しでも家計の足しにしようと、嫁入りの際に父から贈られた

未使用のハイヒールをモトヤ靴店に持ち込みます。

 

これをこの店で売ってもらおうとしたのですが、元田はそれを拒みます。

 

実はそのハイヒールは彼女のために、元田が丹精込めて作った一品だったのです。

 

やはり職人肌の彼としては惇子のために作ったものなので、

彼女以外の人物が使用するというのは堪えきれなかったようです。

 

彼にとっては惇子の実家の佐々木家にはこれまで大恩を受けてきた

こともあり、板挟みになってしまいました。

 

そのためふたりの間にも微妙な空気が流れはじめたため、それを取り繕うために

惇子が子供の写真を元田に見せたことが彼女の運命を変えることになります。

 

スポンサードリンク

 

その写真は彼女の手作りの布地のケースに入れてあり、

それには刺繍も施されていました。

 

元田はその布地のケースに着目し、それが彼女の手製だと知ると、

そのような小物を売ることを提案します。

 

しかもモトヤ靴店の一角を貸してくれるとの提案でしたが、

惇子にとってはこのようなもので本当に商売になるのか半信半疑でした。

 

そのため親友でともに起業することになる田村江津子に相談しますが、

彼女は乗り気で惇子の背中を押すことになります。

 

その後、このふたりに江津子の義姉の田村光子と惇子の知人の村井ミヨを

加えた4人で立ち上げたのが、「ベビーショップ・モトヤ」です。

 

その名の通りモトヤ靴店の一角に、二台のショーケースのみを並べてはじめたお店

でしたが、これが後の子供服大手ファミリアに成長していきます。

 

今や皇室御用達でも知られる人気のファミリアですが、

元田のひと言がなければ誕生したかもわからないほどです。

 

しかも彼はその後も様々なアドバイスをしていますし、

惇子たちの店が株式会社ファミリアとなった時には、

お願いされて初代社長を務めています。

 

まさに惇子や他のメンバーにとってみれば、元田は大恩人ですね♪

 

ドラマでも市村正親さん演じる麻田茂男は、このような役回りを果たし、

ヒロインのすみれの恩人となるはずです。

 

そのあたりにも注目ですね♪

 

スロギー最安値激安はコチラ

 

送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ