べっぴんさん|野上潔(高良健吾)のモデルは尾上清!凄い人だった!

 

朝ドラ『べっぴんさん』で、ヒロイン坂東すみれ(芳根京子)の

実家の家業は繊維会社の坂東営業部

 

父親の五十八(生瀬勝久)と母親のはな(菅野美穂)が二人三脚で

はじめた会社ですが、努力の甲斐もあって大成功を収めます。

 

そんな坂東営業部の番頭役の野上正蔵(名倉潤)の息子が、

高良健吾さん演じる野上潔です。

 

潔はすみれと幼なじみで、幼い時から豪快で頼れる兄貴分です。

 

しかも他人のために尽力できる度量を持っており、

人を惹きつけるカリスマ性をも有する人物という設定。

 

なんだかこれを読んだだけでも凄いキャラクターですが、

そのモデルとなった尾上清は本当に凄い人物だったのです!!

 

%e5%b0%be%e4%b8%8a%e6%b8%85

 

(尾上清)

 

野上潔(高良健吾)のモデルは尾上清! 凄い人だった!

 

スポンサードリンク

 

高良健吾さん演じる野上潔のモデルの尾上清は、

佐々木営業部の番頭(支配人)だった尾上設蔵の息子です。

 

明治44年生まれで、ヒロインのモデルの坂野惇子よりも7歳年上です。

 

彼は神戸の住吉中学を卒業すると慶應義塾高等部に進学します。

 

高等部在学時代には既に商才を発揮して、なんと高校生の身でありながら

横浜で喫茶店を経営しています。

 

その2、3年後に日本で喫茶店が大流行することになりますから、

かなりの先見性を持っていたようです。

 

ただし学業にはさほど熱心ではなく、設蔵からの仕送りも女性との交際で

使い果たし、結局は大学進学をあきらめています。

 

そのため卒業後の昭和8年(1933年)に父と同じ道を辿り

佐々木営業部に入社しました。

 

しかしそこでも潔の商才は遺憾なく発揮され、わずか3年で常務取締役に

上り詰めています。

 

日中戦争の際には召集され、昭和13年(1938年)に中国の天津に派遣されましたが、

その2年後に無事に帰国します。

 

ところが終戦直前の昭和19年(1944年)に佐々木営業部の経営が傾いて、

江商に吸収合併されてしまいます。

 

佐々木営業部は現在の大手アパレルメーカーのレナウンですが、

このように辛酸を舐めさせられた時期もあったのです。

 

そして戦後、昭和22年(1947年)に佐々木営業部は再び江商から

独立することになりますが、その際に社長に就任したのが清です。

 

当時の清は36歳とビジネスマンとして脂が乗りきっていたころ。

小さなメリヤス会社として再出発した佐々木営業部の先頭に立ってけん引します。

 

彼は佐々木営業部の再建に着手しますが、その際に

先行投資消費者重視という二大戦略を打ち出します。

 

そしてこの先行投資として有名なのが、CMなどのテレビでの宣伝戦略です。

 

スポンサードリンク

 

特に1960年代からはテレビCMに力を入れて、

「レナウン娘」などに代表される名物CMを何本も放映します。

 

まさに清はテレビの時代の到来を読んでおり、重点的に宣伝した結果、

レナウンや商品の知名度も上がり、会社の業績も上向きになります。

 

その後はCM戦略の効果などもあって、昭和49年(1974年)には

レナウンの年商は1000億円を超えるほどの大企業に成長します。

 

翌昭和50年(1975年)に清は引退し理事長になりますが、

社長就任時の27年間で佐々木営業部をレナウンという大企業に育て上げた

張本人です。

 

社長に就任した当時の社員はわずかに25名の零細企業でしたが、

見事に一部上場の総合アパレルメーカーへと導きました。

 

まさに清がいなければ現在のレナウンはないわけで、

中興の祖とも言えるような存在ですね♪

 

そしてその人物像も厳しさと優しさが同居した感情豊かな人として、

社員はもちろん、社外の多くの人からも愛された好人物でした。

 

しかも晩年には世間は敬意を込めて彼を、

「ファッション業界のドン」と呼びました。

 

高良健吾さん演じる野上潔は、このような人物をモデルとしています。

 

彼は戦時中に大きく失速する坂東営業を、

その手腕で復活させる役割を担うはずです。

 

その活躍にも注目ですね♪

 

送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ